« tetrafarm | メイン | 安房地人協会 »

2009年12月29日

●エリンギ

今日、鋸南の古道具屋に寄った。

冬らしく暖房器具が入り口に並んでいて、オイルヒーターが何十台も並んでいた。
ほとんどはいわゆるコピー商品なのだけど、中に一台「デロンギ」のものがあった。

何かマジックで書かれていた。
一瞬目を疑った。


IMG_0994.JPG

2009年06月16日

●今日のカワイイ「タオ」

taao.jpg


もう長いこと、家族もなく、気ままに暮らしている。
家庭みたいなものを考えたこともあるけれど、ボクみたいな人間には、世間の多くの人のように生きることがどうしてもできない。

パートナーの仔猫、タオはカワイイ。


 孤独では人は生きられない。すなわち人には、誰かと付き合わなくては生きていけない遺伝子が、たぶん植わっているんだと思います。
 人間は、やはりずっと昔から共同で、集団のなかで生きてきたことによって、その生存を支えてきたのだ。森の中で一人で生きる人間なんて、本来はありえません。どんな動物でも、どこかで集団化してるんですから。
 だから、人間が一人でいることで、ほんとうに満足するなどというのは、それは、迷信ですね。僕は、それが自分でわかってきた。同時に、独居には独居の意味があることも、またわかってきたのです。

加島祥造「老子と暮らす

2009年06月11日

●今日のカワイイ「市原のリャマ」

llama.jpg

昨日、所用で市原に行った。
車を止めてMacbookでメールチェックしていたら、
背後から妙に強い視線を感じた。

ふりかえるとそこに、リャマがいた。
驚いた。
カワイイ。

2009年06月10日

●今日のカワイイ「縄文ヴィーナスのレプリカ」

jomonvenusjpg.jpg

茶箪笥の上に、縄文土偶のレプリカがたくさん置いてある。
この縄文ヴィーナスは、日本という国の宝=国宝の中で、唯一縄文時代のもの。日本という「国」とはなんの関係のない彼らのものが、どうして国宝なのか?、考えなくてはならない。

もうずいぶん前になるが、初めて尖石考古館で縄文ヴィーナスを見たときの感動は今でも忘れることができない。

縄文ヴィーナスはカワイイ。

2009年06月09日

●今日のカワイイ「ナツシロギク」

feverfew.jpg

メディカルハーブとして知られるフィーバーフュー(夏白菊・ナツシロギク)の花が綺麗。

●今日のカワイイ「木更津日進軒の燐寸」

nissinn.jpg

とてもいい。

日進軒 木更津市木更津2丁目2-52 0438-22-2738‎