« 2014年07月17日 | メイン

2016年01月17日

●民俗映像を見る会 Vol.1 「冬至の民俗行事から考える」

なんと、ここ、一年半以上、放置していた。
ひとつ前のエントリーが、おととしの七月、いけないね。

ずっと前、館山の南総文化ホール小会議室で、
「地球に生きる人」連続講座を行った。
その同じ場所で、ひさしぶりに、
あたらしい学びのシリーズを始めることになった。

この列島で営々と続けられてきた民俗行事を記録した、
NHKの「ふるさとの伝承」などの映像を見ながら、
コミュニティや地域づくりについて、
いっしょに考えていく場となれば、と思っている。
講義形式ではなく、素材を持ち寄って、
みんなでかんがえていくような、そんなイメージだ。

平日の日中なので、参加しづらいかもしれないけど、
ゆっくりやっていきたいので、ぜひ。



ディープデモクラシー・センターの来年からのあたらしい試みです。
市民活動や地域づくり、まちづくりを考えるうえで欠かせない
宇宙観や自然観を、この列島で暮らしてきた人々の営みから学んでいこうという勉強会です。

ディープデモクラシー・センター・民俗映像を見る会(1)
「冬至の民俗行事から考える」

奥三河の花祭の記録を見て、この列島に暮らしてきた人々の宇宙観を感じましょう。
折口信夫の眼差しをひとつの切り口に、列島の古層にあるものを見ていきましょう。

民俗映像を見る会 Vol.1 「冬至の民俗行事から考える」

2016年1月21日(木)13時30分から16時まで
千葉県南総文化ホール(館山市)小会議室

ガイド・真魚長明
参加費・500円(ディープデモクラシー・センター会員は無料)

参加表明はFacebookのイベントページにて。
https://www.facebook.com/events/1627583907502861/