« 2010年09月 | メイン | 2010年12月 »

2010年10月10日

●「そういうもの」として機能するのかもしれない。

 世界のあり方に疑問を感じたり、異議を唱える。違った視点を提示する。
 そういう機能を放棄してしまったなら、現代アートなどなくてもいい。

今回の安房ビエンナーレのテーマ文を依頼され、その中にボクはそう書いた。
原則として、「在住者」による出展で構成されている安房ビエンナーレは全国のビエンナーレの中でも特異のものと言えるだろう。
だから、すべての出展者が必ずしもテーマ文と思いを一にしているわけではないことと思う。

けれど、それでいいのだ。
毎日のトークセッションを重ねていきながら、思うようになってきた。

今ならこう書くかもしれない。

 世界のあり方に疑問を感じたり、異議を唱える。違った視点を提示する。
 そういう機能こそ、現代アートの存在意義といえるだろう。
 けれど、もしかしたら、なんの機能も持たずにいたとしても、
 それはそれで「そういうもの」として機能するのかもしれない。

明日の「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」トークセッションはいよいよ最後のプログラム。「表現はいくらでも可能だ。マオナガアキのアート入門」で始まって以来の、直接にアートをテーマにしたトークセッションになる。地域におけるアート活動を安房の北と南でそれぞれ積極的に展開しているお二人にお話しいただこうと思う。宮下昌也さん(アートガーデン・コヅカ)も吉良康矢さん(安房葦船祭)も、早い時期にテトラスクロールでのイベントを行ってくれたアーティストだ。タイプの違う二人とのトークセッション、これは面白くならないわけがない。

房総アヴァンガーデニングプロジェクト・トークセッション
10/ 11(祝)15時から 「地域をアートで元気に。」(宮下昌也さん(アートガーデン・コヅカ)吉良康矢さん(安房葦船祭)
鴨川市民ギャラリー・会議室 参加無料

magic1.jpg magic2.jpg kts.jpg

左から「魔法のことば」フライヤー表・裏 「家紋トリップショー」DM (デザインは真魚長明)

2010年10月09日

●お金は変えられます。人間が作ったのですから。

私達百姓は、都会人に自然美を指摘されて始めて気の付くようなうかつ者であってはならない。

坂本直行 「開墾の記」


人々は、お金は変えられないと考えていますが、そうではありません。お金は変えられます。人間が作ったのですから。

ミヒャエル・エンデ

毎日続いている刺激あるトークセッションも、残すところ2セッション。明日、明後日と、地域で活動する4人のゲストが話してくれることになっている。
明日の「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」は「お金も暮らしも、ボクらでデザインしよう、地域通貨と地域自給組合。」と題し、林良樹さん(安房マネー)と今西徳之さん(あわのわ自給組合)をお招きする。
当たり前だと思っている「お金」や「買うこと」を見直すこと、きっとそここそが、新しいライフスタイルのスタートなんだろう。


房総アヴァンガーデニングプロジェクト・トークセッション
10/ 10(日)15時から 「お金も暮らしも、ボクらでデザインしよう、地域通貨と地域自給組合。」林良樹さん(安房マネー)今西徳之さん(あわのわ自給組合)
鴨川市民ギャラリー・会議室 参加無料

2010年10月08日

●その中でひとつだけなくてはならないものがある

今日の「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」米山美穂さんによる「共生を農に見いだすアート、自然農の世界」、素晴らしい内容だった。「自然の理(ことわり)」を忘れた今だからこそ、「自然の理」に沿っていくのだという生き方としての「自然農」、ボクも数年前から「一部」自然農というスタイルをとっているのだけど、すべてをそうしてしまおうかな。

明日の「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」は地域メディアとして準備中のフリーペーパー「0470」の編集スタッフによる、地域、メディアの話をしたいと思う。
若く優秀な人材がこの南房総にはたくさんいる。けれど、そのスキルを生かす場は今のところ皆無と言っていい。
地域おこし、まちづくり。その本質は、地域自立による仕事の創出なんじゃないだろうか。
誰かのお金で地域を活性化しようなんていうんじゃなく、自分たちのクリエイティビティをインカムに結びつけるシステムを作ることこそ必要なのだ。


 房総には何もない、そういう人が多い。○○がない、○○がない。確かにそうかもしれない、ボクもそう思う。実際、木更津と茂原より南に映画館はない。スターバックスも無印良品も富津より南にはない。うん、○○がないのは事実なんだろう。けれど、房総にあるものもいっぱいだ。海、山、森、多くの生きものたち、かけがえのない自然がある。最先端の高層ビルはないけれど、どこか懐かしい景色がある。営々と続く歴史に連なってこの大地に暮らしてきた人がいる。そして今、房総の魅力に魅せられて暮らし始めた人たちがいる。房総にないものはきっと、必ずしもここになくてもいいんじゃないだろうか。けれど、今ここにないもの、その中でひとつだけなくてはならないものがある、それは自分たちのメディアだ。だから今、0470をつくり始めようと思う。


房総アヴァンガーデニングプロジェクト・トークセッション
10/ 9(土)15時から 「はじめよう、地域メディア。」岩松裕子さん、菅野博さん(0470編集部)
鴨川市民ギャラリー・会議室 参加無料

2010年10月07日

●いっぱい遊ぶ・自然を感じる・自分で考える

いっぱい遊ぶ


自然を感じる


自分で考える


今日聞いた、森のようちえんが大切にしたいこと。
これを全部逆にしたのが、今の教育だろう。自然と切り離し、生活に必要なことを一切教えず、立派な消費者をつくりあげる今の教育ではなく、オーガニックな教育が必要なのだ。


明日の「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」トークセッションは、米山美穂さんをお招きして、「自然農」について語っていただく。明日もまた、貴重な時間になりそうだ。

房総アヴァンガーデニングプロジェクト・トークセッション
10/ 8(金)15時から 「共生を農に見いだすアート=自然農の世界。」米山美穂さん
鴨川市民ギャラリー・会議室 参加無料

2010年10月06日

●森のようちえんには、様々なスタイルがあります。

「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」のトークセッションが、毎日毎日、実に素晴らしい。
現代文明のシステムに問題がありこと、それをどう改めればいいのか、有意義な議論が積み重ねられている。
南房総・鴨川という場所は、誰もが気楽に参加できるところではないけれど、お近くの方はぜひこの試みに参加してほしいと心から思っている。

日本の森のようちえんについて

森のようちえんには、様々なスタイルがあります。
ドイツの森のようちえんは園舎を持たず、毎日森へ出かけていくスタイルです。

日本では自然環境の中での幼児教育や保育を、森のようちえんと呼びそのスタイルは様々です。
園舎を持つようちえんも、園舎を持たないようちえんもあります。
スタイルはいろいろありますが、共通しているのは自然の環境の中での幼児教育と保育です。
そして多くの森のようちえんは、意図的に大人の考えや考え方を強要せず、子どもが持っている感覚や感性を信じ、そして引き出すようなかかわり方をしています。

2005年より全国交流フォーラムも開かれ、森のようちえんを実践している人々の間で、情報交換や交流が始まっています。

※森のようちえんは、従来の幼稚園や保育園と対立する新たな教育ではありません。


明日のトークセッションは「自然のなかでの幼児教育=森のようちえん」と題し、沼倉幸子さん(森のようちえんはっぴー)にお話しいただく。
現代文明にはいろいろデザインミスがあるけど、「教育」はその最たるものだろう。自然と切り離す今の幼児教育ではなく、自然のなかでの立ち居振る舞いを学ぶ教育に、今すぐシフトしなくてはならない。
全国の事例など、いろいろな話がきける貴重な機会、ぜひ。

2010年10月05日

●森の出来事を知りたいのなら、

「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」のトークセッションが、毎日とても刺激的だ。この数年間のさまざまな動きがひとつの流れとして整理されていくような、それでいて、今まで見えていなかった関連が見えてきたりで、ホントに面白い。

明日のトークセッションのゲストは、小淵愛さんと鶴松りえさんのお二人。小淵愛さんは、サーファーならでは海からの視線で、房総の里山の異変をいち早く察知し広く知らすことを始めてくれた、ボクにとっては恩人みたいな人。鶴松りえさんはNPO法人・森の蘇りの活動を通して、新たな森のあり方を提案している方、金束の山で皮むき間伐を行ったり、この夏のコヅカ・アートフェスティバルにも参加していた。

ボクも、昨年の房総の里山での風力発電施設建設をめぐる緊急アクション「未来の森のためのドングリ拾い・風車でなく木を植えよう。」などを通して、森(山)がほったらかしになっていることで、多くの問題が起きていることを訴えてきたつもりだ。もちろん山自体が姿を消していく山砂採取の問題も同じこと。

明日は、房総の森を語り合う、そんな貴重な時間になることだろう。
多くの人の参加を願う。

房総アヴァンガーデニングプロジェクト・トークセッション
10/ 6(水)15時から 「房総半島の森は今、身近な宝を上手に利用しよう。」小淵愛さん・鶴松りえさん
鴨川市民ギャラリー・会議室 参加無料


あるひとがぼくに言った。

きみが誰であるか知っている。
きみがどんな人間であるか分かっている。
きみが森の中でなにをしたかすべて覚えている。

森の出来事を知りたいのなら、
ワタリガラスの言葉を覚えることだ。

「無題」大竹英洋『動物の森1999-2001』

2010年10月04日

●「良いデザインとは、長命である。」

Good design: The ten commandments of Dieter Rams.
良いデザインの10ヵ条 : ディーター・ラムス


1.
良いデザインとは、革新である。
Good design is innovative.

2.
良いデザインとは、実用をもたらす。
Good design makes a product useful.

3.
良いデザインとは、美的である。
Good design is aesthetic.

4.
良いデザインとは、理解をもたらす。
Good design helps to understand a product.

5.
良いデザインとは、謙虚である。
Good design is unobtrusive.

6.
良いデザインとは、誠実である。
Good design is honest.

7.
良いデザインとは、長命である。
Good design is durable.

8.
良いデザインとは、最終的にディティールへと帰結する。
Good design is consequent to the last detail.

9.
良いデザインとは、環境への配慮とともにある。
Good design is concerned with environment.

10.
良いデザインとは、可能なかぎりデザインを抑制する。
Good design is as little design as possible.


明日の「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」には、なないろの菅野博さんにお招きして「生活にデザインを。ニッポンのよいものを選ぼう。」というタイトルで、デザイン、特に日用品について話をしてもらう。
ナガオカケンメイさんのD&DEPARTMENTを辞め、房総に生活と仕事の場を移した菅野さんのお話、きっと面白くなると思うので、ぜひご参加を!

房総アヴァンガーデニングプロジェクト・トークセッション
10/ 5(火)15時から 「生活にデザインを。ニッポンのよいものを選ぼう。菅野博さん(なないろ)
鴨川市民ギャラリー・会議室 参加無料

2010年10月01日

●(2009年度は南極海で507頭、北西太平洋でも194頭を捕殺)

【調査捕鯨】調査のための捕鯨。日本は現在、調査のために、世界でいちばんたくさんのクジラを捕殺し、その肉を市場で販売している。(2009年度は南極海で507頭、北西太平洋でも194頭を捕殺)

friendfood2010.jpg

安房ビエンナーレに続き。明日からは「安房・平和のための美術展」もスタートする。
チャリティの寄付先のウガンダの団体から、子供たちの描いた絵が多く届き、今回はメイン会場内にボクたちの作品と一緒に展示されている。会場に参考展示されている、1997年に安房南高が支援し始めた頃に送られてきた絵と見比べてほしい。彼らの暮らす世界(景色)が驚くほど変化し、カラフルになっていることに気づくだろう。

PA010211.jpg


第6回 安房・平和のための美術展ー ART FOR THE EARTH 2010 ー
2010/10/2(土)〜10/11(月・祝)
10:00am~5:00pm(7日<木>休・最終日4:00pmまで)

会場:枇杷倶楽部ギャラリー(道の駅とみうら枇杷倶楽部内)

お問い合わせ:事務局tel/fax0470-29-1290(橋本)

●「絶対反対」

安房ビエンナーレが始まった。
「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」も始動、今日のトークセッションにも、様々な立場の方が参加してくれ、房総半島でのアートイベントのひとつの発火点になるような話ができた。

今回は、この二年間の総括的な作品群と、「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」としてのいくつかの新作を展示している。

その新作のひとつに「絶対反対」というスライド作品がある。
房総各地にある、産廃・最終処分場や残土処分場、さらに山砂採取場の建設に対する反対のカンバン。ボクはは今までそれらを、住民の強烈なNO!のメッセージだと思っていた。だから、どうしても目線のやり場に困るところもあった。
けれど今はそう思わない、これらのNO!は、実際には、大地や自然、生きものたちからの、「どうかこのままにしてほしい」という強烈なYESのメッセージなんだ。YES!YES!YES!

明日の「房総アヴァンガーデニングプロジェクト」には、残土産廃ネットワークちばから事務局長の金井珠美さんが来てくれて、里山を脅かしている残土産廃の実態をお話ししてくれることになっている。ボクが鬼泪山国有林の問題に関わるようになったのも、金井さんがメーリングリストに投げかけた一通のメールからだった。現在は上総で活動している金井さんは館山生まれ、高校までを南房総の自然のなかで暮らしてきた。房総半島の異変にいち早く気づき行動している金井さんの話を多くの人に聞いてほしい。

房総アヴァンガーデニングプロジェクト・トークセッション
10/ 2(土)15時から 房総の里山を脅かす、産廃・残土。金井珠美さん(残土産廃ネットワークちば事務局長)
鴨川市民ギャラリー・会議室 参加無料