« これって本当に“エコ”ですか? | メイン | ついに »

2009年10月23日

●高レベル放射性廃液の約半分の濃度の放射能が検出された

asahi.comに、再処理施設でまた放射能水漏れ 青森・六ケ所村」。

 青森県六ケ所村にある使用済み核燃料再処理工場内で約20ミリリットルの液漏れがあり、成分を分析した結果、高レベル放射性廃液の約半分の濃度の放射能が検出された。23日、日本原燃が発表した。外部への放射性物質の影響はないという。原燃は、原因と再発防止策をまとめ、経済産業省原子力安全・保安院に報告する。同じ建屋では、1月から2月にかけて、高レベル放射性廃液が約150リットル漏れている。液体は、前回漏れた高レベル放射性廃液を洗浄した水の残りか、新たに漏れた高レベル放射性廃液の可能性があるという。

 原燃によると、22日午前2時ごろ、高レベル放射性廃液をガラス固化体にする建屋内の洗浄作業の準備中、作業員が配管下のトレーに液体がたまっているのを見つけた。作業に使う遠隔操作のクレーンのチェーンが配管のふたに触れたことが原因と見られる

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/543

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)