« もしこんなものが近くに建てられていることに気がついたら | メイン | 慎重に対処してまいる所存でございますことを »

2009年08月25日

●Meet your Meat

山砂採取や産廃・残土のこと、そして暴力的に建てられる風力発電所のこと。
それらは、これまでボクたちが、木々や森、人、そこに暮らす生き物や大地にリスペクトしていなかったことを教えてくれた。

さあ、レッスン2に進もう。

忙しさに追われて、ついつい忘れがちな、自分が何を食べているのかと云うこと。恥ずかしいけど、このところ、ボクもそうだった。だから、自戒を込めてこのエントリーを書いている。


Meet your Meat



ある白人の若い女性にこんな質問をされたことがあった。「もし、我々人間が動物たちを粗末にすることなく食べ、動物について歌い、その姿を描き、それに乗ったり、そして動物についての夢を見るなら、彼らは人間たちのところから何を持ち帰るのでしょう。」これはまさに、動物たちの側から見た礼儀作法を考えさせられる良い質問だ。アイヌの人々は、「シカ、サケ、そしてクマは我々の音楽が好きで、人間の言葉に魅せられるのだ」と言う。だから我々は、サカナや狩りの獲物に歌を贈り、感謝の言葉を口にする。ときに彼らのために踊り、それなりのお返しをする。パフォーマンスは、深遠な世界を支える「贈り物」経済の「通貨」なのだ。おそらく他の生き物は、たえず洋服を変え、あまりに多くのものを食べる人間を、軽薄な動物だと思っているだろう。自然は、ヒトに好意ももっているので、現代人もそんなひどいことをせずに、ヒト以外の仲間たちにも同じように接してほしいと願っている、私はそう考えずにはいられない。

ゲーリー・スナイダー「野性の実践


国家の偉大さや道徳的な進化の度合いはその国が動物をどのように扱っているかで判断できる。


マハトマ・ガンディー

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/532

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)