« この安房の地に、本当のことを知る機会がどれだけあるのか? | メイン | 今の世界はエネルギー漬けである。 »

2009年07月20日

●良いデザインとは、誠実である

今日の午前中は、久しぶりに、「産廃」「残土」「山砂採取」「風力発電」など一切関係ない時間を過ごした。
純粋なる形象 ディーター・ラムスの時代―機能主義デザイン再考」を見に、府中市美術館へ行ってきた。


090113.jpg
50年前(1959年)に作られたポータブルラジオ・レコードプレーヤー・TP1(ブラウン社)、ホントに美しい。


ロングライフ・デザインなんて言葉を言うまでもない。完璧。


testuser5_sep2007_1959_1_jc100907_g_KjayQo_3Za4Rs.jpg
ポータブルラジオ・T-41(ブラウン社)


もの作りに関わるすべての人が、誠意あるもの作りを行えば、ゴミだらけの現代のようにはならなかったはずだ。安いから、加工が容易だから、とりあえずのものだから、と、美しくないものを大量に作り、消費、ゴミにしているのがボクらの文明だが、会場を埋め尽くしていた若者たちが明日のディーター・ラムスになることをボクは信じている。


Good design: The ten commandments of Dieter Rams.
良いデザインの10ヵ条 : ディーター・ラムス


1.
良いデザインとは、革新である。
Good design is innovative.

2.
良いデザインとは、実用をもたらす。
Good design makes a product useful.

3.
良いデザインとは、美的である。
Good design is aesthetic.

4.
良いデザインとは、理解をもたらす。
Good design helps to understand a product.

5.
良いデザインとは、謙虚である。
Good design is unobtrusive.

6.
良いデザインとは、誠実である。
Good design is honest.

7.
良いデザインとは、長命である。
Good design is durable.

8.
良いデザインとは、最終的にディティールへと帰結する。
Good design is consequent to the last detail.

9.
良いデザインとは、環境への配慮とともにある。
Good design is concerned with environment.

10.
良いデザインとは、可能なかぎりデザインを抑制する。
Good design is as little design as possible.

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/528

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)