« 今、南房総市には | メイン | Peace and Lliberty for East Turkistan !! »

2009年07月07日

●はじめに補助金ありき

 ボクの暮らす鴨川市には生ゴミ処理機やコンポストを購入するときに、購入費用の半分、30000円を上限に補助金が交付される。手続きはかなり煩雑で、以下のような手順をふまなければならない。

hojo.jpg

これだけの手順をふんで、補助金を手にするのは一番最後だ。
まず「自分のお金」で買う。
「自分のお金」で変えないものには、補助金はおりない。

風力発電の場合も、ボクたちが生ゴミ処理機を買うのと同じにしたらどうだろう。

エコでクリーンなエネルギーの普及のために「自分のお金」で、風車を建設する。
煩雑な手続きを経たのち、一番最後に補助金を手にする。
高い志を持って「自分のお金」で行った事業に対して、その意義を認めて、補助金を交付する。

そうすれば、(そんな悪い業者はいないと思うけど)補助金目当てなんて言われることもなくなる。

ちょっとしたシステムの設計ミスが、なくてもよい混沌や混乱を招くのだ。

風力発電建設。 エコでクリーンじゃん、拍手”・・・・したいところですが、 とにかくでかい。130mくらい、35階建てのビルくらいの風車が7機。 その風車が回ると、低周波振動(空気とモーターの金属音)が巻き起こり、 3km周辺の住民は、神経などに影響を受けるといわれています。 それにすごいお金が、動くらしい?どうも怪しいらしい。 すでに巨大風車が立った地域では、住めない人も出ているとのこと。 峰岡だけでなく千倉でも10機建設が予定されている。 まずは事実を知りたい。 この間、テレビのいろんなチャネルで風車の問題が放映されている。 そこで、6月10日(金)DVDの上映会をやろうという話が10数人の人 から出ました。 関心のある方、おいでください。一緒に考えていきたいと思います。

”巨大風力発電建設計画ってなに?”
・DVD上映 ・日時:2009年7月10日(金)午後6:30〜9:30
・場所:鴨川自然王国、藤本敏夫記念館
・共催:テトラスクロール+鴨川自然王国T&T研究所
  http://www.k-sizenohkoku.com/access_top.html
・参加費:無料 ・連絡先:04-7099-9011(鴨川自然王国)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/521

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)