« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月24日

●今の世界はエネルギー漬けである。

日刊温暖化新聞の、「あの人の温暖化論考」西尾秀三さん「産業革命をリセットする 低炭素世界の到来」より。

産業革命をリセットする


低炭素社会の実現は大変なことである。産業革命を逆行させる話だからだ。産業革命以降の社会は、はじめは石炭、その後石油や天然ガスといった炭素分の多い燃料をエネルギー源として、人の持つ力を何倍にも拡大してできた技術社会である。身の回りを見回してみると、今はどんな技術にもエネルギーが使われ、そして二酸化炭素を出している。家庭にあるテレビやファックス、コンピュータは、いつでも直ちに皆様のお役に立とうと24時間待つために家庭電力の10%近い待機電力を消費している。あふれるゴミの処理が身近な問題になっている一方で、モノの製造や輸送には多くのエネルギーが使われている。家庭が出す二酸化炭素の13%は食品から出ているが、大地の恵みで育つべき農産品も、肥料や農機具で生産性を挙げ、温室で季節知らずの生産をするために、大量のエネルギーを使う。今の世界はエネルギー漬けである。

産業革命以前はどうだったか。基本的に太陽の恵みから派生するバイオマス、薪、などを使っていた。お日様と共に起き、自然の農業を主とし、木材で家を建て、すべて太陽の恵みの中で生きてきた。そんなに多くの化石燃料は使っていなかったから、大気中にすこし出した二酸化炭素は短期間に自然に吸収され、大気濃度は元に戻っていった。

ところが産業革命以降はそれを大規模にはじめ、しかも200年も続けてきたものだからたまりたまったものが減るどころか増えてばかりいる。今それを元に戻そうとして、化石燃料を使うのはやめる、吸収能力を高めるために木を植える、などを必死にやろうとしている。今のわれわれは産業革命の後始末をしているのである。産業革命、エネルギー技術のおかげで、多くの飢餓、貧困は解消され、人間らしい豊かな生活を得たことは間違いない事実である。だからこれからは産業革命以前の生活に戻るのではなく、200年の間に培った人の智恵をフルに残したままここで昔の産業革命をリセットして、低エネルギー・低炭素社会への新たな産業革命への道のりを探ることになる。

2009年07月20日

●良いデザインとは、誠実である

今日の午前中は、久しぶりに、「産廃」「残土」「山砂採取」「風力発電」など一切関係ない時間を過ごした。
純粋なる形象 ディーター・ラムスの時代―機能主義デザイン再考」を見に、府中市美術館へ行ってきた。


090113.jpg
50年前(1959年)に作られたポータブルラジオ・レコードプレーヤー・TP1(ブラウン社)、ホントに美しい。


ロングライフ・デザインなんて言葉を言うまでもない。完璧。


testuser5_sep2007_1959_1_jc100907_g_KjayQo_3Za4Rs.jpg
ポータブルラジオ・T-41(ブラウン社)


もの作りに関わるすべての人が、誠意あるもの作りを行えば、ゴミだらけの現代のようにはならなかったはずだ。安いから、加工が容易だから、とりあえずのものだから、と、美しくないものを大量に作り、消費、ゴミにしているのがボクらの文明だが、会場を埋め尽くしていた若者たちが明日のディーター・ラムスになることをボクは信じている。


Good design: The ten commandments of Dieter Rams.
良いデザインの10ヵ条 : ディーター・ラムス


1.
良いデザインとは、革新である。
Good design is innovative.

2.
良いデザインとは、実用をもたらす。
Good design makes a product useful.

3.
良いデザインとは、美的である。
Good design is aesthetic.

4.
良いデザインとは、理解をもたらす。
Good design helps to understand a product.

5.
良いデザインとは、謙虚である。
Good design is unobtrusive.

6.
良いデザインとは、誠実である。
Good design is honest.

7.
良いデザインとは、長命である。
Good design is durable.

8.
良いデザインとは、最終的にディティールへと帰結する。
Good design is consequent to the last detail.

9.
良いデザインとは、環境への配慮とともにある。
Good design is concerned with environment.

10.
良いデザインとは、可能なかぎりデザインを抑制する。
Good design is as little design as possible.

2009年07月19日

●この安房の地に、本当のことを知る機会がどれだけあるのか?

まるで悪夢のようなのだが、一年前にボクはこう書いている。
一年前、風力発電所のことで動くことになるなんて思ってもいなかった。
またしても、【この安房の地に、本当のことを知る機会がどれだけあるのか?】ということを痛感している。
鉄とエネルギー・・・、国生み国造りは今も続いている。
いつまでこんなことを言い続ければいいのだろう。


ちょうど一年前、ボクは突然のように「六ヶ所村ラプソディー」の上映を決めた。

上映パンフに寄せた文章をもう一度。

「電気を止める子どもたち」とは、いったい誰なのだろうか?。

 ボクの大好きなアラン・ケイの言葉に、「未来を予測する最良の方法は、未来を発明することである。」というものがある。そう、そうなんだ、ボクたちの未来は、ボクたちがどんな未来を望むのか、すべてそれ次第なんだ。ミヒャエル・エンデはこう言っている。「人々は、お金は変えられないと考えていますが、そうではありません。お金は変えられます。人間が作ったのですから。」この「お金」の部分を「電気」に変えたらどうだろう、あって当たり前、変えられないと思っている目の前の事柄だって、ボクたちが、もしそれを望まないのであれば、変えることができるんじゃないだろうか?。

 すべてのはじまりは、この夏の「北山耕平氏と共にネイティブの知恵を学ぶ集い 【風をひらく】 」だった。日本列島の様々な場所から集まった参加者を前にして、北山氏が語ったのは、この惑星(ほし)に存在する二つの生き方の違いについてだった。明日が今日よりも良い日でありますように、と願う弥生(現在)的な生き方と、明日が今日のように良い日でありますように、と願う縄文(ひとつ前=ネイティブ)的な生き方の違いについて・・・、ボクたちが今、弥生時代の最後に生きていること・・・、そして、「地球に生きる」とはどういうことなのか・・・、ボクを含めた参加者の多くが真剣に耳を傾け、そして、夜更けまで語り合った。【風をひらく】から三日後、「核の鎖を断ち切る」ことにその生涯を捧げたショショーニの精神的指導者、コービン・ハーネイが亡くなったことを知らされた。さらに、五日後、中越沖地震が起き、柏崎刈羽原発が止まった。そうして、インディアンのエルダー(長老)たちの「電気を止める世代」という言葉が、ボクの中で「電気を止める子どもたち」というプロジェクトへと生まれ変わったのだ。

 「電気を止める子どもたち」とは誰なのか?。その答えはあなたの中にあるはずだ。もう一度「未来を予測する最良の方法は、未来を発明することである。」というアラン・ケイの言葉を思い出してほしい。今、ボクたちの生活の中ではコンセントの向こう側が見えない。コンセントの向こう側には、ウラン採掘によっって被曝させられている先住民族や、劣化ウラン弾によって理由なく生命を奪われるイラクの子供たちがいる。あなたの生活を支えるエネルギーが、そんな「不公平」や「差別」に根ざしたものだと知っていても、「電気があって当たり前」と、見て見ぬふりをして使い続けることができるのだろうか?。

 どうか、ここで、もう一度(だけ)考えてほしい。すべての「悪(敵)」も、絶対的な「善(神)」も、自分の中にあるということを。そして、「変化」は、自分の内側からしか起こりえない。そう、あなた以外の誰も、「電気を止め」てはくれないのだ。


  7月20-21日、昨年の上映会と同じ場所、南総文化ホールで「安房平和映画祭」が開催される。20日には、「六ヶ所村ラプソディー」の前編ともいえる「ヒバクシャ 世界の終わりで」の上映があり、両作品を監督した鎌仲ひとみさんのトーク、さらに「六ヶ所村ラプソディー」上映以降の動きを追った「六ヶ所村通信N0.4」を鎌仲監督と語る会も行われる。不肖ながらボクがナビゲーターをさせてもらうことになっている。

 正直言って、「安房平和映画祭」など楽しいものではないだろう。
重いテーマばかりだし、暗いテーマも多い。ボクだって、「安房ロックムービーフェスティバル」だったらいいのに、と思う。きっとみんなそうだろう。だけどよく考えてほしい。この安房の地に、本当のことを知る機会がどれだけあるのか?。

 来年以降も、この意義ある映画祭が続くように、(映画を見なくてもいいから)どうか安房平和映画祭の会場に足を運んでほしい。様々な団体の様々な展示もある。中学生のための「慰安婦」展や、安房の戦争遺跡に関する展示もある。
ボクも第五福竜丸パネル展「あなたは第五福竜丸を知っているだろうか?」をホール内、大会議室で行う。もう一度言う、あなた以外の誰も、「電気を止め」てはくれはしないのだ。


 
luckydragon.jpg


 

2009年07月18日

●署名にご協力ください

A4.jpg

 南房総市に計画されている二つの風力発電所のひとつ、嶺岡から平久里にかけて計画されている「南房総風力発電所」に対する反対署名が始まった。

 ひとりでも多くの声を森田知事に届けたいと思っている。

 適正エネルギーの普及、地域でのエネルギーの自給など、ボクたちがこの先考えなくてはいけない問題は、トップダウンのエネルギー政策とは相容れることがない。

房総半島に風力発電なんていらない。

署名用紙はここにある。
今すぐ署名してほしい。
(署名用紙はFAXにて0470961596までお願いします。)


千葉県知事森田健作様   


南房総市(井野・荒川・平塚地区)に建設予定の
風力発電所に対する林地開発の不許可を求める要望書


「自然環境づくり日本一」のマニフェストを掲げて当選された森田知事の県政運営に敬意を表します。
現在、南房総市井野・荒川・平塚地区に、南房総風力開発株式会社による「房総半島風力発電所」の建設が計画されています。

今回の風力発電所の建設計画には次のような重大な問題点があります。

1.

全7基の建設予定地が、地すべり防止区域に計画されています。 嶺岡山地の南北両斜面・愛宕山北部・平久里中・富山の北部から伊予が岳にかけての丘陵斜面は、地すべり地形が特に密に分布する地域であり、120メートルもの構造物を建設することはあまりにも危険です。

2.

房総半島の南部,保田・岩井附近から鴨川にかけての地域はいわゆる嶺岡隆起帯と呼ばれる地域で、複雑な断層が発達しています。活断層地形(鴨川地溝)が発達し,最も著しい断層地形・岩井断層も計画地にあり、120メートルもの構造物を建設することはあまりにも危険です。

3.

計画地は、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律による希少動植物・オオタカをはじめ、環境省によるレッドリスト指定種12種、千葉県によるレッドリスト指定種147種もの希少動植物が暮らす、千葉県を代表する自然豊かな森林です。かけがえのない森林を破壊することは県民全体の多大なる損失となります。

4.

計画地一帯は、千葉を代表する自然環境であり、県民が登山やハイキングなど観光・レジャーを通して自然にふれる貴重な場所です。計画されている風車の一基は、県立富山自然公園に隣接しており景観の破壊は免れません。景観破壊による観光資源消失は、県及び地元自治体、住民の多大なる損失となります。

5.

計画地一帯は、嶺岡県有林(水源涵養保安林)をはじめ、地域の水資源にとって重要な森林です。風力発電所建設にともなう開発による水源への悪影響、水害への懸念、土砂の流出や崩壊のおそれなど、環境を著しく悪化させるおそれがあります。

6.

眠れない、気力がなくなった、イライラする、怒りっぽくなった、だるい、痛い、出血、吐き気、めまいなど風力発電所による健康被害が各地で報告されています。 (人体への低周波の影響が科学的に判明するまで、風力発電所の建設は凍結すべきです。)
 
「美しい千葉の森林(もり)づくり」を掲げ、「本県の森林は、今後増大する土砂採取等の開発に伴い環境や景観の悪化が見込まれる。緑の社会資本である千葉の森林を蘇らせ、次代に引き継ぐために、林業振興を柱とする施策を抜本的に見直し、森林の公益的機能の持続的な発揮を目指す施策へ転換を図る必要がある」という他県に誇れる目標をもつわたしたちの千葉県。 そのリーダーである森田知事におかれましては、事前に現地視察をおこない、地元南房総市の市民や自治体を始め、近隣住民、観光団体、自然保護団体等との意見交換のうえ、林地開発の許可をしないよう強く要望いたします。

2009年07月14日

●美しい里山・脅かす産廃・残土の現実

千葉県立中央博物館で開催中の『生物多様性1:生命(いのち)のにぎわいとつながり 「虫, 魚, 鳥, ・・草, 木, ・・・人」その素晴らしさを,親から子へ,そして孫へ』の関連企画(市民企画展)として、本日より20日まで、残土・産廃ネットワーク・ちばとして「美しい里山・脅かす産廃・残土の現実」という展示を行う。山砂採取から、残土・産廃の問題を可能な限りわかりやすく提示したつもりだ。メインの企画展も素晴らしい内容なので、お近くの方はぜひ。

1.jpg 2.jpg

房総半島の山々は、けっして高くそびえるものではないけれど、太古からの母なる地球の営みの
結果として今ここにあります。

この山々は、生きているすべての者たちの命を守り、育て、賑わいを今日まで繋いできました。
しかし、同時に良質な山砂を産出することとなり、開発至上主義と、建てては壊すスクラップ・ア
ンド・ビルドのコンクリート文明、大量生産・大量消費の裏側で、房総の大地と自然は傷つき、採
取のためにズタズタに切り刻まれ、無惨な姿を見せています。水、土壌、空気、気象、生物、食物を
通じて私たちにも大きな影響を及ぼしています。

長い長い時間をかけて育まれてきた房総半島の大地、自然、そして暮らす私たちの営みが、わず
か40年間で、12億トンの山砂が採取され、東京湾の埋め立てや首都圏のビルの建設に使用さ
れるという愚行によってその姿を変え、失われようとしています。県内から山砂が運び出される
かわりに、県内外から驚くほど大量の、残土や産業廃棄物が運び込まれています。以前あった山
と同じ大きさの廃棄物の山が築かれ、生態系や水脈の変化、水質汚染、など生活に欠かせない
問題が深刻化の様相をおびています。

山砂採取によって姿を消した富津市浅間山のとなりに鬼泪山(きなだやま)という山があります。
一万年のサイクルで永続的な文明を築いてきた先住の蝦夷の長・阿久留王の最期の地として語
り継がれてきました。鬼泪山の「鬼」とは、阿久留王のことにほかなりません。浅間山・鬼泪山・
鹿野山と連なる山並みが、かつては鹿野山系として関東三霊山に数えられていました。

今、この鬼泪山に広がる国有林が、山砂採取によって消滅の危機にさらされています。

地球という惑星の大気が、ブラジルの熱帯雨林によって支えられているように、都心から僅か50
㎞の近さにある鬼泪山の森林が、首都圏に暮らす3000万の人々の健康や環境を支えています。

子や孫、さらにその子や孫たち・・・へ続く世代のためにも、短期的な利益を追求するのではなく
本当に大切なものが何かを一緒に考えていきましょう。

今回の展示が、長い時間をかけて育まれてきた房総半島の大地や自然と、この大地に石器時代
から営々と続く私たちの暮らしのありかたを、今一度考える機会になればと思います。

2009年07月07日

●ウイグル人ら19万人が急死した

今、「報道ステーション」の核軍縮に関するニュースを見ていたら、古舘伊知郎がニュースの最後に「唯一の被爆国として」みたいなことを言っていた。

唯一の被爆国ってどういう意味だろう。
ナバホやウイグルの人々は被曝していないってこと?

今年4月、「中国核実験で19万人急死、被害は129万人に 札幌医科大教授が推計」というニュースから。


 中国が新疆ウイグル自治区で実施した核実験による被害で同自治区のウイグル人ら19万人が急死したほか、急性の放射線障害など甚大な影響を受けた被害者は129万人に達するとの調査結果が札幌医科大学の高田純教授(核防護学)によってまとめられた。被害はシルクロード周辺を訪れた日本人観光客27万人にも及んでいる恐れがある。

(中略)

 爆発では楼蘭遺跡の近くで実施された3回のメガトン級の核爆発で高エネルギーのガンマ線やベータ線、アルファ線などを放射する「核の砂」が大量に発生した。上空に舞い、風下に流れた「核の砂」は東京都の136倍に相当する広範囲に降り、その影響で周辺に居住するウイグル人らの急性死亡は19万人にのぼる。甚大な健康被害を伴う急性症は129万人のうち、死産や奇形などの胎児への影響が3万5000人以上、白血病が3700人以上、甲状腺がんは1万3000人以上に達するという。中国の核実験は、核防護策がずさんで、被災したウイグル人に対する十分な医療的なケアも施されておらず、129万人のうち多くが死亡したとみられる。
 広島に投下された原爆被害の4倍を超える規模という。高田教授は「他の地域でこれまで起きた核災害の研究結果と現実の被害はほぼ合致している。今回もほぼ実態を反映していると考えており、人道的にもこれほどひどい例はない。中国政府の情報の隠蔽(いんぺい)も加え国家犯罪にほかならない」と批判している。

●チベット、ミャンマー、ウィグル。

チベット、ミャンマー、ウィグル。
アジア各地で弾圧され、差別され、抑圧されている人たちがいる。
ボクたちは今、試されているのかもしれない。
昨年、FREE TIBET! の声をあげてくれた人に。
どうかしっかり見つめてもらいたい。
(参考:Radio Free Asia

日本ウイグル協会ウェブより。



絵本と漫画で知る東トルキスタン


※分かりやすく伝えるために支援者の方々が作成したチラシです。デモや勉強会などで配布しています。





ウイグルのこと、知っていますか? ウイグルのこと、知っていますか?

PDFファイルはこちら

(854KB)









東トルキスタンのお話し 東トルキスタンのお話し

PDFファイルはこちら

(5.59MB)





●Peace and Lliberty for East Turkistan !!

世界ウイグル会議「東トルキスタンで発生した虐殺事件に関する声明」

中国共産党政府がウイグル人に対して行ってきた民族的差別や抑圧、そして同化政策などの結果、ウイグル地区から沿岸部の広東省のおもちゃ工場に強制移送されてきたウイグル人たちは同工場の漢民族従業員たちにより虐殺される事件が発生した。この事件で60名近くのウイグル人が殺され、100名を超えるウイグル人が重傷などを負った。
そして今日7月5日、広東省で発生した悲惨な虐殺事件、そして長く続いてきたウイグル人に対する民族的虐殺に抗議するため、ウイグル民族がウルムチの中心地4か所に集まり計1万人が参加し、平和的なデモで自らの不満を表した。しかしこのデモは多数の警察、軍や車両の出動で武力的鎮圧を受けた。

世界ウイグル会議が直接現地から入手した情報によると、この武力鎮圧で死亡した人は100人を超え、多数が負傷した。この中で幼い子供や女性もいた。

酷いのは、ウルムチの人民広場、南門、ラビヤ・カーディルデパートの前、延安路、陶器工場前などのいずれのデモ場所も一律悲惨な虐殺を受けた。軍の車両下で踏み殺された。軍・警察の銃で殺された。暴力で殺された・・・・・

我々の把握した情報では、すでに逮捕された人は1500人を超える。全ウイグル地区ですでに軍事態勢が敷かれている。一方、ウイグルのアクス県でも7月5日の夜からデモが始まっていることが分かった。カシュガルで起こっているデモについてはまだはっきりとした情報を入手していない。

世界ウイグル会議としては、全世界の民主主義国家や国民、人権団体などがこの事件に緊急な対応を取り、ウイグルで中国軍や警察などに虐殺されているウイグル民族を助けるよう促す。国連やNATOなどが関与し、検察団を派遣し、平和秩序を守り、冷静に対応し、今でも虐殺が続いているウイグル民族を一刻も早く鎮圧軍から守るよう呼び掛ける。

2009年7月6日

※翻訳 イリハム・マハムティ


●はじめに補助金ありき

 ボクの暮らす鴨川市には生ゴミ処理機やコンポストを購入するときに、購入費用の半分、30000円を上限に補助金が交付される。手続きはかなり煩雑で、以下のような手順をふまなければならない。

hojo.jpg

これだけの手順をふんで、補助金を手にするのは一番最後だ。
まず「自分のお金」で買う。
「自分のお金」で変えないものには、補助金はおりない。

風力発電の場合も、ボクたちが生ゴミ処理機を買うのと同じにしたらどうだろう。

エコでクリーンなエネルギーの普及のために「自分のお金」で、風車を建設する。
煩雑な手続きを経たのち、一番最後に補助金を手にする。
高い志を持って「自分のお金」で行った事業に対して、その意義を認めて、補助金を交付する。

そうすれば、(そんな悪い業者はいないと思うけど)補助金目当てなんて言われることもなくなる。

ちょっとしたシステムの設計ミスが、なくてもよい混沌や混乱を招くのだ。

風力発電建設。 エコでクリーンじゃん、拍手”・・・・したいところですが、 とにかくでかい。130mくらい、35階建てのビルくらいの風車が7機。 その風車が回ると、低周波振動(空気とモーターの金属音)が巻き起こり、 3km周辺の住民は、神経などに影響を受けるといわれています。 それにすごいお金が、動くらしい?どうも怪しいらしい。 すでに巨大風車が立った地域では、住めない人も出ているとのこと。 峰岡だけでなく千倉でも10機建設が予定されている。 まずは事実を知りたい。 この間、テレビのいろんなチャネルで風車の問題が放映されている。 そこで、6月10日(金)DVDの上映会をやろうという話が10数人の人 から出ました。 関心のある方、おいでください。一緒に考えていきたいと思います。

”巨大風力発電建設計画ってなに?”
・DVD上映 ・日時:2009年7月10日(金)午後6:30〜9:30
・場所:鴨川自然王国、藤本敏夫記念館
・共催:テトラスクロール+鴨川自然王国T&T研究所
  http://www.k-sizenohkoku.com/access_top.html
・参加費:無料 ・連絡先:04-7099-9011(鴨川自然王国)

2009年07月02日

●今、南房総市には

テトラスクロールのある千葉県南房総市には、現在、二カ所の風力発電所が計画されている。ひとつは、千倉白間津・大川地区。もうひとつは、鴨川市と鋸南町との堺、嶺岡に計画されている。さらに、これまでに建てられた風車に関しても、増設が計画されている。すでに反対署名運動の始まっている千倉、この10日に勉強会を持つ嶺岡、その他さまざまな動きのプラットフォームとなることを目指して、「房総半島の風力発電を考える連絡会」を起ちあげた。多くの情報を募っているし、さまざまな意見交換の場となれば心から嬉しく思う。

windweb.jpg

●安房トイカメラクラブ・夏の新作展

IMG_0095.jpg


 Give 'Em Enough Rope  /  MAO Nagaaki  cc.pngby.pngnc-jp.png

今日から、一年ぶりとなる安房トイカメラクラブの展示が始まった。
今回は、ボク以外は若手、しかも、トイカメラクラブ展を機に、作品発表を始めた三人、かじななか、nob、もりもとようこの作品を集めた。いつもの雑多な楽しさはないが、それぞれの点数が多いので、ある意味での作家の世界がご覧いただけると思っている。


(トイ)とは一体どういうことだろう?。


 コンピュータ・プログラミングの世界にある「コメントアウト」を知っているだろうか?。


 コンピュータの設定ファイルやプログラムのソースファイルを変更するときに、
もともと書かれている内容を消してしまうのではなく、プログラムの行頭に、#などの文字を付け加えて無効化することを、コメントアウトするというのだ。


 例えばこう。

 気温が30℃を越えたら海に入る。
 というプログラムを、#気温が30℃を越えたら海に入る。
 とすることで、

 気温が30℃を越えたら海に入ることを無効化(気温が30℃を越えても海に入らないと)しておくことができるのだ。

 そう。(トイ)もまた、コメントアウトの記号なのだ。


 オーディオが大好きで、そのオーディオで再生する素材としてしか音楽をとらえない人がいる。

 反対に、音楽が好きで、あくまでも再生装置としてしかオーディオを認識していない人がいる。


 カメラの世界にだって同じ構図がある。

 あえていおう、ボクらが好きなのは、カメラそのものではなく、カメラが写す「世界」なのだ。

 だからこそ、「ボクらは安房カメラクラブではない」という思いから、

(トイ)という記号でコメントアウトしたカメラクラブなのだ。

(真魚長明)