« 安房平和映画祭2009 | メイン | 循環の事情「六ヶ所村再処理工場おはなし会 2009」のお知らせ »

2009年06月04日

●1本でも多くの風車を建てていきます。

200801-23-96-c0120796_8545890.jpg

風力発電に関していろいろ調べていくうちに、メディアが伝えない「姿」が見えてきた。

200801-23-96-c0120796_8454753.jpg


上の二枚の写真、「再考 白滝山の風力発電建設(ダイジェスト版)」からの写真を見てほしい。
( 山口県下関市・CEF白滝山ウインドファーム)

今、房総半島にも、こんな景色が出現しようとしている。
千倉白間津地区には、上の写真と同じ業者が10基もの風車を建設しようとしている。

クリーンってなんだろう。
エコってなんだろう。
文明の本質を見ないでは、どうあがいても、ボクらに未来はないだろう。
誰かを糾弾しても何も変わりはしない。

まずは知ること。
そこから始めるしかないだろう。


参考リンク
阿武隈日記番外編 09/04/28 狂気の風車
日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
風力発電や太陽光発電などの新エネルギーの組織的導入は環境を破壊する
写道 : 白滝山 風力発電
エネルギーの優等生ではあるけれど・・風力発電を建てる前に
神のいる場所、白滝山へ
いわき市立小白井小学校中学校は、巨大風車プラントの低周波被害実証試験の現場となるのか



私たちは電気を通じてこの地球に住む

全ての人がお客様であると考え

1本でも多くの風車を建てていきます。


クリーンエナジーファクトリー株式会社HPより

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/496

コメント

先日のArt Festaでは、お世話になりました。

千倉に行った時には、まったく気付かなかったけど、

かなりの勢いで建設が進んでいるんですね。



風車を使えば、自然の風と言う名の力で、

電力をおこす事が可能かもしれない。



しかし、写真のように、生活には欠かせない緑を伐採し、

自然を荒している。



一長一短に、天秤にはかけられないけど、

果たして、これがエコなのか?





考えてしまいますね!?





GUCCIさん、こんばんは。
先日はありがとうございました。

説明不足ですみません、写真は下関のもので、やがて千倉にも・・・、ということです。
安房やいすみも、高速道路ができ便利になりましたが、またそのことによって廃棄物の流入もふえています。

ボクらが子どもの時に夢みていた未来は、こんなものじゃなかったはずですよね。

真魚

はじめまして。
今日、海猫堂のスタッフからそんな話が進んでいるということを耳にして、とてもショックを受けました。ネットでちょっと調べたたけですが、風力発電に関して自分の無知さを知り、ますますショックです。クリーンエナジーファクトリーという会社のやり方、俺は男だ県知事、地元の無関心・・・・恐ろしくて鳥肌が立っています。千倉に住まわせてもらっている人間として、一人でも多くの人に知らせなくては。

しーまるさん、
どうか一人でも多くの人に伝えてください。
判断するための材料が、あまりにも偏っていると思います。
たとえ一人でも、健康被害を訴えている人がいるのなら、業者はそのことを伝えなくてはいけないでしょう。
どうぞよろしくお願いします。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)