« 千葉が山砂採取ですごいことになってるんだが | メイン | 鬼泪山の存在を守りたいと願う人のコミュニティーです »

2009年05月28日

●鬼泪山「国有林」山砂採取に反対する連絡会 総会のお知らせ

鬼泪山「国有林」山砂採取に反対する連絡会 総会のお知らせ。



 富津市鬼泪山国有林104・105班から1億立方メートルもの
大量の山砂採取を許可するようにと、地元6事業者から土石審議会の開催を求め、請願が出され採択されました。
 これを受け、第1回「土石採取対策審議会」が今年1月27日に開催されましたが、審議委員の構成や審議内容など、納得いくものではありません。
 地球が誕生してから今日まで、大地が育んできた自然の山々は、私たち人間の営みに深く関わってきました。これらの自然環境は一度破壊してしまえば、二度と今と同じ環境には戻れません。国有林は国民の財産であり、守るものです。
 一人でも多くの方に伝え、考え、一緒に行動して、この計画をやめさせていきましょう。
 連絡会を立ち上げのときに賛同してくださった方、会員になっている皆さん是非お集まりください。


soukai1.jpg


日時:6月6日(土)13:30~16:30
場所:市原市勤労会館(youホール)2階会議室4
市原市五井8187-1 ☎0436(25)0125
JR内房線「五井駅」東口下車し、徒歩15分
市原市中央図書館、保健福祉センターの隣
総会 :13:30~14:20
学習会:14:30~16:30
「空から見た山砂採取の現状」 講師:佐久間 充(さくま みつる)
プロフィール
昭和40年代から君津地域の山砂採取問題を取り上げ、健康被害などの調査研究を続けてきました。
著書に「ああダンプ街道」「山が消えた-残土・産廃戦争-」など。
1937  君津市生まれ
1962  東京大学・健康教育学科大学院修了(保健学博士)
1993  女子栄養大学教授

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/488

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)