« 今さら外には出たくない | メイン | 500マイルの見知らぬ街へ »

2009年05月14日

●世界中があなた方の行動を見守っています

 日本の皆さん、あなたがたは世界から尊敬も友情もそそがれる民主主義の国の人です。しかも、軍事政権下にあるビルマ(ミャンマー)と非常に深い関係を持っています。そういう日本が、ビルマの人たちを助けるために何をするのか、それとも何もしないのか。どちらにしても、ビルマへの影響はとても大きいのです。世界中があなた方の行動を見守っています。———ジェーン・バーキン 

政治囚支援協会(AAPP) インフォメーション・リリース

2009年5月14日

アウンサンスーチー氏、インセイン刑務所に収容される

(タイ・メーソット発)政治囚支援協会(AAPP)は本日〔2009年5月14日〕、アウン
サンスーチー氏、キンキンウィン氏とその娘のウィンママ氏(以上2人はアウンサン
スーチー氏と同居する国民民主連盟(NLD)党員)、そして米国人男性ジョン・ウィ
リアム・イェットー氏が、国家保護法22条違反容疑で起訴されたことを確認した。起
訴内容は、アウンサンスーチー氏の自宅軟禁に関して定められた規則や規制に違反し
たことに関連する。4人はインセイン刑務所敷地内の特別法廷に出廷し、起訴内容を
告げられた。

本日、裁判官が法廷で起訴内容を読み上げた。裁判官による質問は行われなかった。
裁判官は被告4人に対し、5月18日に再び出廷するよう命令した。法廷はインセイン刑
務所敷地内にある。審理を進めたのはラングーン西部管轄担当判事のタウンニュン氏
とニーニーソー氏で、法務顧問のミンチャイン氏も同席した。被告側には代理人をつ
けることが認められた。弁護士はチーウィン氏とフラミョーミン氏である。

米国人のジョン・ウィリアム・イェットー氏は出入国法違反でも起訴されたが、詳細
はわかっていない。この罪状での起訴に関連して、イェットー氏は別途出廷した。

最新情報によれば、アウンサンスーチー氏、キンキンウィン氏、ウィンママ氏はアウ
ンサンスーチー氏の自宅には戻っていない。3人は現在、インセイン刑務所に収容さ
れている。

アウンサンスーチー氏、キンキンウィン氏、ウィンママ氏は、14日早朝、武装警官に
よってアウンサンスーチー氏の自宅からインセイン刑務所まで連行された。

ジョン・ウィリアム・イェットー氏は今朝、出廷するためにアウンタパヤー警察尋問
センターからインセイン刑務所まで連行された。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/481

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)