« 今後もさまざまな故障、トラブルに遭遇することが予測される | メイン | 道間違えて事故った »

2009年03月31日

●「棉(わた)から糸へ ワタ畑ワークショップ」

安房地人協会からのお知らせです。

明日から4月、新たな気分でいきたいところですが、
県知事選は残念な結果になりました (-_-#)
房総半島の自然を守るために気を引き締めていきたいところです。

安房地人協会(awa soil and soul society)では、
この3月より、連続講座(ワークショップ)
「地球に生きる人ワークショップ」をスタートいたしました。
様々な講師の方をお招きして、この惑星(ほし)の暮らし方、
古くて新しい第三の生き方・・を、探していこうと考えています。

第一回目に佐久間充さんをお招きして行った「山が消えた」に続いて、
第二回目のワークショップが4月18日に開催されます。
「棉(わた)から糸へ ワタ畑ワークショップ」と題して、
白浜海洋美術館・館長の柳和子さんと、
Synonym Vita Fabricaの眞々田淑江さんを講師にお招きいたします。

(一戦場体育館にて)手紡ぎの実習
〜(一戦場公園にて・かまどの火・森の家による)ランチタイム
〜(江見圃場にて)ワタ畑の種まき
〜(テトラスクロールにて)房総の女性たちの手仕事、
 特にワタの栽培から手紡ぎ手織りの仕事に関して、
 当時の作品を見ながら柳和子さんにお話しいただきます。

房総の女性たちの暮らしぶりにアクセスする貴重な機会です。
奮ってご参加ください。

地球に生きる人ワークショップ第一期第二回
「棉(わた)から糸へ ワタ畑ワークショップ」
4月18日 10時から(9時30分・一戦場公園集合)
参加費 4000円(ランチ込み・1000awa使用可)

お申し込み・お問い合わせは、
安房地人協会 info@soilsoulsociety.org 050-5534-7421 まで。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/474

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)