« 2009年01月 | メイン | 2009年03月 »

2009年02月24日

●フツーの仕事がしたい

安房地人協会から、上映会第一弾のお知らせ。

フツーの仕事がしたい」上映会
2009年3月29日(日)ローズマリー公園シアターホール
9:45~/11:30~/13:30~/15:30~(1日4回上映)
当日チケット:1500円 前売チケット:1300円
(前売り券は、3/22館山ロックシティあわあわマーケットでのみ販売予定)
(上映会のチケットでローズマリー公園の有料エリアに入場可能)

主催/安房地人協会
協賛/アルソアサロンねむの樹アミー
後援/安房・鬼泪山国有林を守る会

ローズマリー公園シアターホール
〒299-2521 千葉県南房総市白子1501 TEL 0470-46-2882 地図

200712-13-33-d013423320081003225024.jpg

皆倉信和さん(36歳)は、根っからの車好き。 高校卒業後、運送関係の仕事ばかりを転々とし、 現在はセメント輸送運転手として働いている。 しかし、月552時間にも及ぶ労働時間ゆえ、家に帰れない日々が続き、 心体ともにボロボロな状態。 「会社が赤字だから」と賃金も一方的に下がった。 生活に限界を感じた皆倉さんは、藁にもすがる思いで、 ユニオン(労働組合)の扉を叩く。 ところが彼を待っていたのは、会社ぐるみのユニオン脱退工作だった。 生き残るための闘いが、否が応でも始まった。

監督からのコメント

映画「フツーの仕事がしたい」監督の土屋トカチです。
2006年4月8日、私にとって「運命の人」となる皆倉信和さんに出会います。 皆倉さんの職業は、セメントを運ぶトラックの運転手です。 最長で月552時間も働いておられました。 その労働時間に、当初私は耳を疑いました。 一日あたり、いったい何時間働けばその数字になるのか、と。 私が働いている映像業界も、仕事時間はルーズだったりするのですが、 この数字は並外れていました。 そして彼は、かわいそうなくらい疲れきっていました。 年齢が私と同じと聞いて、ひどく驚いたのを覚えています。 肌が土色で、生気を感じられないという印象を受けました。

無事、映画が完成した今「撮影を続けれた原動力は?」と、
訊かれることが多くなりました。それはたぶん、皆倉さんの姿に
自分自身の姿を見てしまったからだと思います。
同い年ということもあるのですが、「これがフツーなんだ」と無茶苦茶な
労働時間も受け入れて、働いていた彼。
真面目で、会社にあまり文句も言わず、黙々と働いていた彼は、
かつての私でもありありました。
長い間、美徳であると信じられきたことが、
本当はちょっと違うのではないのか?
「過労死」という現象が生まれた背景は、もしかしてこれではないのか?
と感じています。

現代日本人にとって鏡のような映画に、仕上げることができたと思います。
「フツーの仕事がしたい」は、あなたにとって、どのように映るでしょう

この映画に描かれている「過酷な労働」とは、昼夜にわたって何往復もセメントを運び続けるものだ。
この映画を見て、ボクは思った。
現代文明が、これほどまでに大量のセメントを必要とするのなら、房総半島のすべての山を削り取るかのような勢いで行われている山砂採取も、(けっして納得はできないけれども)バランスを考えれば理解はできる。

ボクらが今直面している問題・・・、偽装請負などの雇用のこと、ダンプ公害、山砂採取による自然破壊、これらすべての問題が、ボクらの文明に由来している。

そのことをアタマではなく実感として獲得するレッスンとして、どうかこの映画を見てほしい。

2009年02月23日

●われわれはどんな方法で

安房地人協会(awa soil and soul society)の本格的な活動が始まろうとしている。
上映会と勉強会(ワークショップ)を二つの柱に、地に足のついた動きをしていこうと思っている。

勉強会(ワークショップ)は、「地球に生きる人ワークショップ」と題して、様々な講師の方をお招きして、惑星の暮らし方を探していこうと考えている。

第一回目は3月28日、テトラスクロールに於いて、「ああダンプ街道 」「山が消えた―残土・産廃戦争」の著者、佐久間充さんをお招きし、「山が消えた」と題して行います。(詳細は追って。お問い合わせ:: info@makaoyate.org )

ASSSSW.jpg

2009年02月22日

●鉄が地球温暖化を防ぐ

昨日、いすみで畠山重篤さんの話を聞いた。

森は海の恋人」の著者であり、「森は海の恋人」運動の先駆けとなった牡蠣の森を慕う会の代表でもある畠山重篤さんの姿や話は、テレビなどで何度も見ていたが、講演のタイトルにもあった「鉄が地球温暖化を防ぐ」についての話が面白かった。世界的な海洋学者ジョン・マーチン博士が唱えた「鉄仮説」を平易にかみ砕いた話は、会場にいた多くの人をしっかりとらえていたようだ。


IMG_0298.JPG

●少しだけ想像してみてください。

kurkkuから、STORY OF ORGANIC COTTON

私たちに身近なコットン製品。衣類をはじめ、私たちの生活にはコットンが多く使われています。 あまり知られていませんが、そのほとんどには、生産量をあげるために大量の農薬が使われています。そして、土壌にも、生産者の身体にも、ダメージを与えています。しかし現在無農薬で育てられるオーガニックコットンの消費は、極々わずかな量です。 Product&Serviceにも登場した『kurkku』では、ap bank fesのオフィシャルグッズやアーティストグッズにオーガニックコットンを使用したり、「サステナブルとファッション」をテーマにしたアパレル事業を展開することで、消費者がオーガニックコットンを選択できる場を広げています。







2009年02月17日

●その高い壁は、「システム」です。

そう、「システム」に操られてはいけないんだ。



そしていま、僕はここに来て語っています。

もしその「壁」が――その壁にぶつけられる「卵」が壊れてしまうほど――固く、高いものであるならば、どんなに「壁」が正しくとも、どれほど「卵」が間違えていたとしても、僕は卵のそばに立つでしょう。

なぜか? 僕たちひとりひとりが、その「卵」だから、かけがえのない魂を内包した壊れやすい「卵」だからです。僕たちはいま、それぞれが「壁」に向かい合っています。その高い壁は、「システム」です。

僕が小説を書くさい、たったひとつの目的しか持っていません。それは個々人のかけがえのない神性を引き出すことです。その個性を満足させるために、そして僕たちが「システム」に巻き込まれることを防ぐために。だからこそ僕は、人々に微笑みと涙を与えるべく、人生と愛の物語を書きつづります。

僕たちはみな、人間であり、個人であり、壊れやすい卵です。

「壁」はあまりに高く、暗く、冷たすぎて、それに立ち向かう僕たちに、望みはありません。(だからこそ)「壁」と戦うために、僕たちの魂は、暖かさと強さを持つべくお互いに手を取り合わなくてはなりません。僕たちは僕たちの作った「システム」に操られてはいけません――そのように僕たちを形作ってはいけません。それはまさに、僕たちが作った「システム」なのですから。

村上春樹のスピーチを訳してみた(要約時点)進化版 sho_ta「しあわせのかたち」

2009年02月16日

●銀の滴降る降るまわりに、金の滴降る降るまわりに

朝から畑で汗を流し、昼を過ぎたので帰り支度をしていると、畑わきの小屋のあたりに、何か生命の気配を感じた。
フクロウだ・・・・・・・・・。驚いた。

owl.jpg

日々の暮らしの中には、驚きがいっぱいある。
レイチェル・カーソンのいう「神秘さや不思議さに目を見はる感性=センス・オブ・ワンダー」。

ついつい忘れてしまうことだが、この世界はすでに祝福されていて、驚きや神秘や輝きで溢れている。この世界から切り離されることさえなければ、ボクたちはこの宇宙と一体なのだ。

●水平方向だけではなく垂直の方向にも

tirasi3.jpg


敬愛するアーティスト、須田郡司さんが、世界の石を巡る旅に出る。
昨年、光栄にもその旅への決意宣言ともいえるフライヤーをデザインさせていただいた。
また、応援メッセージまで書かせていただいた。


 イワクラや聖なる石があるということ、それはそこに生きる人の世界や宇宙が、水平
方向だけではなく垂直の方向にも大きく広がっていることの証である。その垂直方向に
生きる力こそ、ヒトがこの惑星(ほし)の上で「正しく」生きることを意識させる力そ
のものだったのだ。それは、圧倒的な勢いで姿を消しつつある。けれど、その後ろ姿を
かろうじて見ることはできる。須田さんの新たな試み、"世界石巡礼"は、まさにその後
ろ姿を追い続けるものだ。その旅がどれほど重要なものなのかを、ボクらはこれから思
い知らされることになるだろう。            真魚長明(アーティスト)


その旅、「世界石巡礼」がまもなく始まる。
多くの人に、彼の旅を知ってほしいと思う。そしてもしできるなら、彼の旅の手助けをお願いしたい。



 失われつつある石の文化を後世に繋げて行きたいと願い、活動の範囲を広げてゆくために、 世界石巡礼に旅立ちます。
 日本と世界の石文化をつなぐ、世界石巡礼の活動にご理解をいただき、 皆様からの寄附をお願いする次第です。
 世界石巡礼の決意文や、活動内容をご覧いただきまして、何卒、ご支援くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

●支援カンパの振込先
郵便振替口座 口座名 Voice of Stone 口座番号 00210-8-81854
Voice of Stone プロジェト 事務局
〒255-0001 神奈川県中郡大磯町高麗2-11-39


→ → 世界石巡礼
→ → 須田郡司オフィシャルサイト