« 1.24「鬼泪山」問題を考えるフリートーク | メイン | いよいよ鬼泪山のふもとで »

2009年01月23日

●ガラス固化再開遅れる見通し

東欧日報の記事から。


再処理高レベル廃液漏れる

 日本原燃は二十二日、六ケ所再処理工場の高レベル廃液ガラス固化建屋で、配管の閉止部から高レベル放射性廃液が漏れた―と発表した。漏れた場所は、セル(コンクリートで仕切った部屋)内で、外部への放射能漏れなど安全上の問題はないとしている。原燃は配管の下にある受け皿などから廃液約二十リットルを回収した。二十一日午後に発見し、漏れた配管閉止部のねじを締め直したところ、漏れは止まったという。

さらに、

ガラス固化再開遅れる見通し

 日本原燃は二十二日、六ケ所再処理工場の高レベル廃液ガラス固化建屋で、配管から高レベル放射性廃液が漏れるトラブルがあった―と発表した。漏れた場所は、セル(コンクリートで密閉した部屋)内で、外部への放射能漏れなどはないという。原燃は約二十リットルの廃液を回収し、漏れた量に相当するかどうか確認している。

 二十一日午後に、配管を閉じている金具部分から廃液が滴っているのを発見。遠隔操作で金具のボルトを締め直したところ、漏れは止まったという。原因調査のため、中断中のガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)製造試験の再開は、さらに遅れる見通し。年度内のアクティブ試験終了(完工)も厳しい状況になってきた。

何度も言っているけれど、もうやめにしようよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/453

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)