« 虚栄の市へと出かけて行き | メイン | オンライン署名にご協力を! »

2008年12月07日

●鬼泪山国有林を考えるシンポジウム

安房・鬼泪山国有林を守る会主催による、
鬼泪山国有林を考えるシンポジウムを開催します。

一人でも多くの方にご参加いただき、
その映像・画像を全国に届けましょう。


〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
 

「鬼泪山国有林を考えるシンポジウム」
12月23日(祝)18時30分から 千葉県南総文化ホール・大会議室 参加無料

パネリスト/

藤原寿和
(残土・産廃問題ネットワークちば代表 / 止めよ う!ダイオキシン汚染・関東ネットワーク事務局長)
平本紀久雄(千葉の海と漁業を考える会代表)
山口マオ(イラストレーター)
飯田裕子(フォトグラファー)
真魚長明(アーティスト)


安房と隣接する佐貫、そこに鬼泪山はあります。
この国有林払い下げを阻止しても、きっと他の山が狙われることで しょう。
この問題は鬼泪山だけの問題ではありません。
千葉県全体の問題です。そしてボクたちのライフスタイルの問題な のです。
12月23日、安房の地で、鬼泪山国有林を考えるためのシンポ ジウムを開催します。
一人でも多くの方にこの問題を知っていただきたいと思います。
そして、一緒に未来を考えていきましょう。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/444

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)