« 2008年11月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月28日

●小さな発電機を動かして、ネットを通じて世界と交信している。

ガザで「今」起きていること。



Subject:
[AML 22860] ガザより
From:
"OKA Mari"

==1==送信日時:2008/12/28 11:29:28


みなさま、

京都の岡です。
空爆下のガザのアブデルワーヘド教授のメールを転送します。
同教授はガザ・アル=アズハル大学の英文学科の教授です。
電気が切れたガザで、発電機でかろうじて電力を維持しながら、世界に
向けて発信しています。

イスラエルがハマースの攻撃に対する報復としてハマースの拠点を
攻撃しているという日本の報道は偽りです。
これは、非戦闘員、民間人に対する大量虐殺です。

重慶・ゲルニカ・ドレスデン・東京大空襲、そして、ヒロシマ・ナガサキ、
同じことが2008年12月の今、起きています。

******   転送歓迎 ****************

25の建物がイスラエルに空から攻撃された。建物はすべて地上レベルに
崩れ去った。死者はすでに250名に達する。負傷者は何百人にものぼるが
貧弱な設備しかないガザの病院では、彼らは行き場もない。電気も来ないが、
ディーゼル発電機でなんとかこれを書いている。世界にメッセージを送る
ために。携帯電話もすべて使用できない!

Sent: Saturday, December 27, 2008 8:03 PM
Subject: FW: Christmas News


25 building have been hit by Israeli aircrafts. All of it have been
leveled
to the ground. An estimation of 250 dead so far! Hundreds of injured
find
no place in the poorly equipped hospitals of Gaza city. No electricity
but
I am working on a desiel generator, to send off this message. All
mobile
phones are out of work too!


Prof. Abdelwahed
Department of English
Faculty of Arts & Humanities
Al-Azhar University of Gaza



==2==件名:ガザより(2) 27日午後6時
       送信日時:2008/12/28 11:29:28

なんという光景だ。数分前、パレスチナ側のカッサーム・ロケットが飛んでい

音が聞こえた。続いて、もう一つ、そして爆発音。2発目は、パレスチナ人を
標的にしていたイスラエルの機体から爆撃されたものと思われる。今、
聴いたニュースによれば、イスラエルのアパッチ・ヘリが攻撃したのは、
釣堀用の池のあるリクリエーション・グラウンドだという。シファー病院は、
195人の遺体、570人の負傷者が同病院に運ばれていると声明を
発表している。刻一刻と死傷者の数は増え続けている。これはガザ市
だけの数字だ。ほかの町や村、難民キャンプからの公式の発表はない。
自宅アパートの近くで末息子がスクール・バスを待っていたところ、以前、
国境警備局があったところが攻撃された。息子が立っていたところから
50メートルしか離れていないところで、男性二人と少女二人が即死した!
真っ暗な夜だ。小さな発電機を動かして、ネットを通じて世界と交信してい
る。

----- Original Message ----- From: prof abdelwahed
Sent: Sunday, December 28, 2008 1:03 AM
Subject: Gaza at 6:00 p.m.


It is horrible outside! Minutes ago I heared a hissing of a
Palestinian
Kassam, then another one accompanied with an explosion; it seems that
the second one received a bomb from an Israeli aircraft that could
have
targeted the Palestinian group! In the news now, Israeli Apatchi
targeted
a recreation ground with fish ponds! Shifa hospital stated that there
is
more than 195 dead bodies and more than 570 injured there! Every
minute
the number of casulties rise up. Those figures are in Gaza, and there
are
still no official statements from other towns, villages and refugee
camps!
Near my apartment my youngest son was waiting for his school bus
when the former preventive security department was hit. 5o meters from
where he was standing two men and two young girls died immediately!

Its ustterly dark night now. I am operating a small generator to
contact
the world via internet.

Prof. Abdelwahed
Department of English
Faculty of Arts & Humanities
Al-Azhar University of Gaza



ボイコット・イスラエル!!

2008年12月15日

●いいか、この電話な、盗聴されてんだぞ!

「いいか、この電話な、盗聴されてんだぞ!お前らそこにいると全員ヤバイんだよ!」

(「盗聴エディpt.2」スネークマン・ショー)

20081215205327.jpg

2008年12月09日

●オンライン署名にご協力を!

鬼泪山国有林を守るために、オンライン署名にご協力ください。

鬼泪山に広がる国有林が、今、危機にさらされています。山砂採取業者が、この国有林での山砂採取を県議会に申請し可決されました。これにより土石審(県土石採取対策審議会)が開かれ、そこで山砂採取の是非が問われることになりました。しかし、この土石審のメンバーの多くは、業者や業者が支持する県議らで構成されていて、開催されてしまったら100%山砂採取にゴーサインが出されてしまいます。土石審の開催を絶対に許してはいけません。短期的な利益を追求することはもうやめて、子や孫、さらにその子どもや孫たちのためにも、一緒に鬼泪山の森林を守っていくことに力を貸してください。


 ↓ 署名はここから ↓  

2008年12月07日

●鬼泪山国有林を考えるシンポジウム

安房・鬼泪山国有林を守る会主催による、
鬼泪山国有林を考えるシンポジウムを開催します。

一人でも多くの方にご参加いただき、
その映像・画像を全国に届けましょう。


〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
 

「鬼泪山国有林を考えるシンポジウム」
12月23日(祝)18時30分から 千葉県南総文化ホール・大会議室 参加無料

パネリスト/

藤原寿和
(残土・産廃問題ネットワークちば代表 / 止めよ う!ダイオキシン汚染・関東ネットワーク事務局長)
平本紀久雄(千葉の海と漁業を考える会代表)
山口マオ(イラストレーター)
飯田裕子(フォトグラファー)
真魚長明(アーティスト)


安房と隣接する佐貫、そこに鬼泪山はあります。
この国有林払い下げを阻止しても、きっと他の山が狙われることで しょう。
この問題は鬼泪山だけの問題ではありません。
千葉県全体の問題です。そしてボクたちのライフスタイルの問題な のです。
12月23日、安房の地で、鬼泪山国有林を考えるためのシンポ ジウムを開催します。
一人でも多くの方にこの問題を知っていただきたいと思います。
そして、一緒に未来を考えていきましょう。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜