« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月17日

●地球に生きる人勉強会「房総半島のネイティブタイム」

 昨冬、三回にわたって行った「地球に生きる人勉強会」を再び始めようと思う。
「たねの学校」「からだの学校」とあわせて、これからの活動の大きな軸にしようと思っている。
テーマは「房総半島のネイティブタイム」、ボクたちの足下にあるこの日本列島で起きたことを、一万年のタイムスケールで見たとき、ボクたちが今いるこの世界の本当の意味が見えくる。だけど、日本列島は、ボクたちの想像力をフルに使っても、少しばかり広すぎるようにも思う。そこで地域を房総半島に限定して、房総半島の一万年を見ていくことにしよう。「房総半島のネイティブタイム」は、房総半島の本当の歴史をともに学び、その歴史が現代の様々な問題に繋がることを知り、語り合う勉強会にしたい。

地球に生きる人勉強会 房総半島のネイティブタイム
第1回 9月20日(土)18時30分〜 南総文化ホール小会議室
ネイティブタイムとは何か?。房総半島の太古から古代「房総半島の縄文時代」
ナビゲーター/真魚長明 参加費(資料代)1000円
主催/安房地人協会(info@makaoyate.org TEL0470-47-5822)


 歴史の表舞台にはでてこない人々。歴史の細かいひだに隠れて日が当たらないままになっている人びと。なぜそういう人ばかりに関心を持つようになったのだろうか。
 振り返ってみると、三十年近く前のある情景が思い出されてきた。
 一九七○年に選挙で成立したチリのアジェンデ政権が、三年後にピノチェトの軍事クーデターよって倒された。ショッキングな事件だった。そのピノチェトの軍事独裁
政権がはじまった時期に、私はチリを何度か訪れている。まだ宮殿に銃弾の痕が生々しく残っていて、戦車が町中を走っているような状態のときだ。「戒厳令の夜」は、
そのチリでの取材をもとに書いた小説である。
 ところが、そんなチリで、道ばたに座りこんでいる人びとのすがたがあった。彼らは、目の前を連行されいく社会主義者たちや、弾圧する側のを戦車や軍隊の行進にも
まったく関心を示さない。よく見ると、それは先住民のインディオだった。
 彼らから見れば、チリの政権を取るのがアジェンデの側であろうとピノチェトの側であろうと関係ない。あとからきた連中が仲間同士で喧嘩しているようなものだ。
よその国からやってきた人びとが、その前からその土地に住んでいたインディオの人びとの土地を奪い、彼らの歴史や文化を奪う。その上、こんどは片や社会主義者、
片やファシストとわかれて喧嘩しあっている。ただそれだけのことだ。
 戒厳令下のチリで、彼らは冷ややかな目でそれを眺めていた。その目はまるで「俺たちには関係ない」と語っているようだった。
 日本の先住民たち、土蜘蛛とか国栖とか隼人などといわれた人びとから見ても、それはまったく同じことではないか。彼らも、おそらくそういう冷ややかな目で見つめ
ていたのではないか。

「原郷への旅」五木寛之『サンカの民と被差別の世界

2008年09月15日

●ワタの初収穫

今日は、安房ハイキングクラブ・低山ハイクで高鶴山へ。
登山道脇のきのこの姿についつい見とれてしまった。

DSC00396.JPG


午後はスケジュールの合間を見計らって、今シーズン初のワタの収穫。


DSC00392.jpg


低温〜日照り〜残暑、と、過酷な環境をサバイバルした今年のワタからは、きっと強いタネが採れるだろう。


DSC00391.jpg

2008年09月09日

●「たねの学校 Vol.2」

日曜日、ナチュラルシードネットワーク・石井吉彦さんをお招きして「たねの学校 Vol.2」が行われた。
石井さんの話は非常にわかりやすく、しかし同時に今まで見えなかったポイントをずばり突いてくる、刺激的かつ感動的なものだった。「たねは文化です。」と言う言葉に、会場はひたすら頷かされ、時間はあっという間に過ぎていった。

IMG_3806.JPG

これを機に、ボクらも安房地域のタネのローカルネットワークを立ち上げていくことにした。興味のある方はぜひ。


————————————————————————————————————
◆たねの学校 Vol.3 〜たねのお茶会◆
 10月5日(日)14:30〜17:00 三芳自然塾
…………………………………………………………………………………………‥‥
たねの交換会 at 三芳自然塾 (南房総市) &「Our Seeds: Seeds Blong Yumi」ミニ上映
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お手元にある、自家採種した自慢のたね、家宝種を持ちよっての交換会です。
ローカルシードネットワーク(地域のたねの会)についても、お茶を飲みながら、
みんなでワイワイお話しましょう!
さらに、Seed Savers' Network Australia制作、たねの魅力がいっぱいの映画
「Our Seeds: Seeds Blong Yumi」(日本語版を準備中)を少しだけご覧いただく予定です。
「たね」に触れる愉しみを、思う存分、味わってくださいね!

食べ物、飲み物の差し入れ、大歓迎!!

主催:シードセイバーズ・ジャパン

…………………………………………………………………………………………‥‥
2008年10月5日(日)
14時30分から(オーガニック朝市終了後) 
参加費  1000円(要検討)

定員:40名程度(要予約)

申し込み締切り:2008年10月3日(金)

【予約お申込・お問い合わせ先】
・「シードセイバーズ・ジャパン仮事務局」ピースシード内 
info@peaceseed.org / 080-6564-6003(浜口)

【交通アクセス】

・三芳自然塾 0470-36-3446
住所 南房総市山名1476

●車でお越しの場合
 14:10、“てんのう前広場”(南房総市山名 八雲神社下)に集合。送迎いたします。

●電車または高速バス「房総なのはな号」でお越しの場合
 JR内房線 九重駅に14時10分に集合して下さい。送迎致します。

※ 遠方からお越しでご宿泊を希望される方は、ご相談ください。

【交換会参加に関するご案内】

・交換する種子をお持ちではない方でも、「たね」にご興味がある方はお気軽にご参加ください。
・種子は原則として自家採種された種子を交換しますが、
今回は、種苗店で購入した固定種、在来種の種子もお持ち下さい。
・種子を採種した際の農法、栽培法、楽しみ方などもご紹介ください。
・各自、交換した種子を御持ち帰りいただくための小袋などをご持参ください。
・「たね」には種芋、球根、苗なども入ります。
・種苗業界関係者の方のご参加は、原則的にお断り致しております。

————————————————————————————————————
◇同日開催!「オーガニック朝市 あわあわファーマーズマーケット」
awaour.org/
2008年10月5日(日)10:00〜12:00 ロックシティ館山
http://www.loc-city-tateyama.jp/

※出店のお申し込み、お問い合わせ先
テトラスクロール内「あわあわマーケット実行委員会」 0470-47-5822 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2008年09月03日

●イノシシの被害

数日前、田んぼの畦の草刈りに行ったとき、イノシシの痕跡を見つけた。

最初は、ああこれがイノシシの痕跡かぁ、くらいにしか思っていなかったが、毎日毎日、被害が大きくなってくる。稲刈りの予定日までまだ10日あまりある。イノシシの進入路の見当がついたので、今日は防獣ネットを設置した。畑仕事をしていて、鳥やタヌキや小動物に、農作物を食べられることは、けっして珍しいことではない。北の国ではないけれど、「あきらめちゃうですよ。」という、仕方がないなぁという思いはあっても、怒りの感情はけっして生まれてはこなかった。だけれど、今回のイノシシのことについては、正直なところ怒りの感情を抑えきれない。

ボクが南房総に来た16年前、このあたりのイノシシは絶滅していると聞いた。それなのに、年々、イノシシは増え続け、棚田を中心に被害を与え、その被害をきっかけに、稲作を断念する人の声を聞くことも多い。日本テレビの報道特集で取り上げられたこともあるが、今、南房総にいるイノシシは、スポーツハンターが、自らの快楽を満たすために飼育・繁殖し、野に放ったものなのだ。さらにいえば、その「イノシシ」は、繁殖期があり年に4匹程度しか子を産まない(本来の)イノシシではなく、一年中繁殖期であるようにとブタとかけあわて「改良」したハイブリッド種=「イノブタ」なのだ。

いつからか、ヒトは耕作を始め、土を豊かにし、生産性を上げることを目的に自らが生きる環境を改造しはじめた。やがて、それは、山を切り崩し山砂を運び出し、かわりに残土や産廃を埋め戻し、地下から石油石炭を掘り、石油文明とも言えるボクたちの文明を築きあげた。その文明の終わりが見えた今、今度は核の世界を実現しようと躍起になっている。

このボクらが生きている文明はボクらが望んだものなのだろうか?、はたしてこの先もこの文明の存続を望んでいるのだろうか?。今、ボクらは真剣に考えなくてはいけないのだ。

2008年09月01日

●田植えからまもなく四ヶ月

稲刈りも間近、たわわに実る稲穂がカワイイ。

DSC00359.jpg


古代米も出穂。

DSC00358.jpg