« 「自然農が教えてくれるたくさんのこと」 | メイン | FREE ILLCOMMONS !! »

2008年07月09日

●一年ぶり!!須田郡司さん「石の語りべ」決定!!

ishi2008.jpg

昨年の「日本石巡礼」では、安房に衝撃(!?)を与えてくれた須田郡司さん。
昨年の「石の語りべ」から約一年、今年も「石の語りべ」を行っていただけることになりました。

須田郡司・石の語りべ(スライド&トーク) in テトラスクロール

内容:スリランカ(ミヒンタレー、シーギリア・ロック、アダム・スピーク)
    九州(沖縄、長崎、熊本)の巨石を紹介します。
    
◎日時 2008年7月19日(土)18時開場・18時30分開演
◎料金 1500円
※ 会場で玄米お結びを500円で販売致します。(要予約)


石の語りべに寄せて


この度、約一年ぶりにテトラスクロールで石の語りべをさせていただきます。
今回は、スリランカと九州の巨石を紹介したいと思っております。

かつてセイロンと呼ばれたスリランカには、古くからの仏教遺跡があり、そこには多くの巨石が点在します。スリランカの多くは仏教徒で穏やかな国民性です。しかし一方、タミルイーラム解放の虎(LTTE)による、タミル人による分離独立を求めるテロ活動も続いています。そんななか、少数派であるヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教も存在します。驚くことに4大宗教の共通の聖地にもなっているアダムスピーク(2238m)という山も存在します。仏教遺跡ミヒンタレー、宮殿跡シーギリア・ロック、そしてアダムス・ピークの映像を見ていただきながら、光り輝く島の意を持つスリランカを紹介させていただきます。

そして、この春訪ねた九州は長崎、熊本、鹿児島のいくつかの巨石を紹介します。
北五島の野崎島にあり、かつて漁師の篤い信仰を集めた神島神社の王位石(おおえいし)、土砂崩れで出て来た真球状の悠久石、鹿児島の巨石などを紹介させていただきます。

今年の初旬、日本石巡礼で出会った石たちを「日本の巨石〜イワクラの世界」(星雲社)として写真集にまとめることが出来ました。

久しぶりに南房総で、皆様にお目にかかれることを楽しみにしております。

当日、希望者に玄米お結びを販売致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。


大磯高麗の麓にて 須田郡司 拝

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/380

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)