« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月22日

●「鯨にかかわって良いことは全くない」

商業捕鯨再参入、水産大手3社は否定 「良いことない」というニュースから。

 商業捕鯨の中核企業だったマルハニチロホールディングス、日本水産、極洋の水産大手3社は、商業捕鯨が解禁されても再参入しない方針を明らかにした。商業捕鯨は国際捕鯨委員会(IWC)の決定で、86年から凍結されている。水産庁は解禁を目指しているが、企業の意向とはずれている。

 背景には、欧米の環境団体の強い反対がある。日水の小池邦彦取締役は「世界で魚を販売する企業として、鯨にかかわって良いことは全くない」。

 凍結された当時、売り上げに占める商業捕鯨の割合は1%に満たない水準に低下していた。再参入しても鯨肉への需要は見通せない。日水の佐藤泰久専務は「昔食べた人は懐かしいだろうが、他の肉のほうがおいしいのでは」とし、極洋の多田久樹専務も「若い人は鯨肉を食べない」とする。マルハニチロの河添誠吾常務は「捕鯨船は数十億円の投資がかかり、収支があわない」と語る。

 水産庁遠洋課は「それぞれの経営判断だ。我々は捕鯨の技術を維持していくことを重視しているし、事業も採算はあうと思っている」と話す。

2008年06月17日

●「圧倒的に桁違い」

PEACE LANDYAMさんのぴ〜すらTVに、渡辺満久教授の講演会やインタビュー、現地での断層説明などの貴重な動画がアップされた。ぜひ見てほしい。

2008年06月11日

●次の地震が来たら壊れるかもしれません

20080610190326.jpg

昨日は、急遽、東京へ行き、原子力資料情報室 第65回公開研究会 「活断層見逃しの現場をみる
 −敦賀原発+六ヶ所村現地調査報告ー」(渡辺満久東洋大学教授・変動地形学)に参加してきた。


非常にわかりやすく、断層・変動地形について学ぶことができ、発表にあった敦賀や六ヶ所村が、いかに、原子力施設の建設に不向きな土地なのかが、怖いくらいに理解できた。


そう。もう、やめよう。
ここまでの判断ミスや作為的なデータの読み違いなど、細かなことは追求しないから、間違いは間違いとして認めて、これからどうしたらいいのかを、みんなで考えよう。逆ギレはいけない・・・。


先日、渡辺先生が「地球惑星科学連合2008大会」で発表したものをまとめたpdf原子力資料情報室にある。是非見てほしい。ボクが聞いた話の一端を垣間見ることができるだろう。


 これまでの活断層評価で見えてくるのは、なるべく断層は認めたくない、断層を否定できない場合はなるべく断層長を短くしたいという「意志」である。活断層が存在する可能性がある以上、原発建設は、「活断層はある」という前提で進めるべきではないのか?可能性だけならば活断層の存在を否定するという理論は、どこの世界で許されるのか、ご教示いただきたい。
 想定地震をなるべく小さくして、安価に建設したいという気持ちは「よく理解できる」。しかし、断層長を値切って、人工的に地震を小さくすることは許されるはずがない。「安く作れば低価格で電力を供給できますが、次の地震が来たら壊れるかもしれません。それでよろしいですか?」と国民に問うべきである。

渡辺満久「原発建設における特殊な活断層評価」原子力資料情報室通信No.403


六ヶ所村の再処理工場は、どんな角度から見ても、本格稼働を良しとする材料がない。
そう、絶対に止めなくてはいけないものなのだ。
さあ、いよいよ、これからだ。