« 彼らも幸福を求めている人間であり、慈悲を受けるのは当然です | メイン | 地域の祈りの場を再構成する試みとしてのハイキング »

2008年04月11日

●「日本の原子力発電が新しい段階に」

間もなく、テレビ朝日系「報道ステーション」で、六ヶ所村再処理工場を扱った放送がある。

「日本の原子力発電が新しい段階に…まもなく六ケ所村で再処理施設本格稼働…その内部を独占取材・安全性と必要性を問う」という特集。


さあ、見てみよう。
テレビというメディアが少しでも信ずるに値するメディアなのか。
それとも、やはり電力会社を大スポンサーに持つ御用メディアにすぎないのか、を。


眠りにつきながらふと考えた

いまや どこでも ー

世界の中心をなすのはテレビという代物だ

テレビが世界にあふれるほど

「世界」も「中心」も「世界のイメージ」も

ますます ばかげたものになっていく

ヴィム・ヴェンダース「東京画


放送された映像はこちら

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/302

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)