« 「核分裂過程 再処理工場を止めた人々」上映会のお知らせ | メイン | 虫も樹も »

2008年02月25日

●溶融炉の底に金属(白金族元素)がたまる

原稿の締め切りも、こんな風にちょっとずつずらせたらいいのに。(「東奥日報」の記事から。)

六ケ所再処理 本格操業5月以降に

 日本原燃が、今月中を予定していた六ケ所再処理工場の完工時期(本格操業開始)を五月に延期する方針を固めたことが二十四日、分かった。近く正式発表する見通し。アクティブ試験(試運転)第四ステップで実施したガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)製造試験で、溶融炉の底に金属(白金族元素)がたまる不具合が起こったことなどが響いた。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/274

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)