« クリプトン雲が吹き戻されて地表面を徘徊 | メイン | 氾濫するプラスチックの海の中に暮らしている »

2007年11月09日

●11月24日は、Buy Nothing Day、何も買わない日。

今年もBuy Nothing Dayが、近づいてきた。

この日、テトラスクロールでは、何も売らない。
そのかわりに、準備中の畑で、「畑仕事とランチパーティ」をしようと思う。

bnd2007.jpg

この準備中の畑は、「農業は人類の原罪である」ことをふまえたうえで、今、ボクたちが地域で生きるということはどういうことなのかを追求する試みだ。安価な石油の上に築き上げたボクたちの文明が音を立てて崩れようとしている今、真剣にサバイバルを考えなくてはいけない。「買わない」から「買えない」に変わったのち、ボクたちは生きていくことができるのだろうか?。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/213

コメント

「農業は人類の原罪である」
こんなこと考える人いるんですね。知らなかった。
おもしろそうだなあ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)