« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月25日

●ミンククジラだけでは南極海のクジラの生態系が分からない

昨日の朝日新聞に、日本の南極海での「調査」捕鯨に関しての記事があった。今回、日本政府が「調査」の対象として、ザトウクジラを加えたことでオーストラリアをはじめとする諸外国から反発の声があがっている。

(以下、記事より。全文はasahi.comで)

 日本の調査捕鯨は常に批判がつきまとってきた。だが今回の場合、生息数をめぐる科学手法や保護に関する論争が主だったこれまでの捕鯨、反捕鯨の対立とはやや趣が違う。「見るクジラ」として世界的に定着しているザトウクジラが焦点となっているためだ。


 批判は欧州や米国にも広がる。米国務省報道官は19日、ザトウクジラとナガスクジラの捕獲を自粛するよう求めた。英紙インディペンデントは19日の社説で「京都議定書で地球温暖化防止をリードするなど、環境問題で指導的立場にある国が、なぜクジラに思いやりを持てないのか」と痛烈に批判した。


 水産庁がザトウクジラの捕獲再開に踏み切ったのは、「ミンククジラだけでは南極海のクジラの生態系が分からない」というのが理由だ。


同庁は年間9000万トン程度で横ばいが続く世界の漁獲高について、クジラが大量の魚を食べることが影響している、と主張する。ミンククジラに加え、ザトウクジラなども管理していかないと「魚がどんどん減って将来的に大きな食糧問題になる」(水産庁遠洋課)と正当性を強調する。

ハッキリ言っておきたい。
南氷洋まで出かけていって「調査」の名のもとに行う捕鯨と、沿岸捕鯨はまるで別のものだ。
同様に伝統捕鯨と沿岸捕鯨もまた、別のものだ。
ここ和田浦に限っていえば、「方法」は伝統的なものではないが、「捕鯨対象種ーツチクジラ」に関しては連続性がある。エネルギーに関する情報が、意図的に操作されているように、この問題もまた、意図された情報操作によって、問題の本質が見えないようにされている。Don't Believe The Hype!!

2007年11月18日

●「六ヶ所村ラプソディー」上映会のお知らせ

 「電気を止める子どもたち 六ヶ所村ラプソディー」上映会から、早いもので二ヶ月になろうとしている。

 再処理工場に対する疑問の声は確実に大きくなってはいるが、やはり、残された時間がわずかなことに変わりはない。そして、本格稼働していないからといって、再処理工場の中で何もしていないわけではない。

 メディアが伝えないことを知ること。
 そのためにも「六ヶ所村ラプソディー」上映会があったら、ぜひ足を運んでほしい。

 房総半島でも、鴨川、君津の二カ所での上映会が決まり、精力的な活動が始まっている。

映画「六ヶ所村ラプソディー」上映会in鴨川

■日時:2007年12月9日(日)13:00〜/17:00〜
■場所:鴨川市市民会館
〒296-0001 千葉県鴨川市横渚808-33
tel 04-7093-1131
http://www.city.kamogawa.lg.jp/0003/0047/

■タイムテーブル
[一部]12:30開場 13:00〜15:10上映
[トークセッション]15:30〜16:45
[二部]16:30開場 17:00〜19:10上映

■入場料 前売り1.000円/当日1.200円/高校生以下無料

■お申し込み:氏名、連絡先(電話番号またはメールアドレス)、枚数、希望の部、ご質問等明記の上、下記予約メールアドレスまで。
kamogawa_rokkasyo@ybb.ne.jp(オグリまで)

また下記チケット取扱店で直接ご購入頂けます。

■チケット取扱店 

鴨川>ノンキー・サーフ&スポーツ:04-7093-4991
   インディアンジュエリー・スー:04-7092-5332
   グレースサーフボード:04-7092-0188
   サーフショップ・ブルーム:04-7099-0828

南房総市>テトラスクロール:0470-47-5822

君津>スタジオカレント:0439-37-3738
   バニヤンカフェ:0439-55-4466

館山>SEED美容室
※取扱店舗拡大中!
詳しくはhttp://rokukamo.exblog.jp/
■お問い合わせ
電話:04-7098-2370(アンコモンクリエーション)
メール:kamogawa_rokkasyo@ybb.ne.jp
主催:鴨川で「六ヶ所村ラプソディー」を上映しよう会
後援:鴨川市教育委員会
協力:サーフライダーファンデーション・ジャパン、未来たち学校、アースデイ千葉実行委員会、鴨川自然王国(T&T研究所)、生活クラブ生活協同組合、K-SOS(鴨川青少年オーシャンスポーツ振興会、遊学の森トラスト、NPOうず

トークセッション参加者

木下デヴィット氏 国内はもちろん、世界の舞台でも活躍するトッププロサーファーで2004年にJPSAグランドチャンピオンに輝く。現在JPSA(日本プロサーフィン連盟)の選手会長。またサーファーの立場から再処理工場について活動している。数えきれない程、世界の海を見てきている彼の経験、信条から、海の大切さや自然のあり方などサーファーの視点から伝えています。現在は千葉県勝浦市在住。

水口憲哉氏 東京海洋大学名誉教授 千葉県いすみ市在住。いすみ根の提唱者。自宅にて資源維持研究所を開設。人と魚と水の関係を研究する。夷隅東部漁協組合員。著者に「釣りと魚の科学」「海と魚と原子力発電所」「放射能がクラゲとやってくる」など。人間生活と水産業のあり方をさまざまな側面から提言されています。


きくちゆみ氏 東京・下町生まれのちゃきちゃきの江戸っ子。マスコミ、金融界を経て、1990年から環境問題の解決をライフワークに。911事件をきっかけにグローバルピースキャンペーンを立ち上げ、米紙への全面広告やハリウッドへのビルボードを実現。ヒット作は「戦争中毒」。911事件の真相を追求した「911ボーイングを捜せ」「911の嘘をくずせ」、米国の外交政策の本質を描いた「テロリストは誰?」の日本語版を制作し、配給中。現在、鴨川在住。


司会:上田真寿夫・・・サーフライダーファンデーション・ジャパン初代事務局長。鴨川市海作り会議にも毎回参加し、日本の沿岸域総合管理のあり方を提言している。


2008年2月24日(日) 千葉県君津市

【上映日】
2008年2月24日(日)
【上映時間】
11:00/14:00
【会場】
千葉県君津市・「君津市地域情報センター 視聴覚室」
 千葉県君津市久保2-13-3
 0439-57-6838
【料金】
前売:1200円
当日:1500円
【問合せ】
<エコ・ウィンド>
 DAO 0438-23-3625

両上映会ともテトラスクロールでチケット取り扱い中。

2007年11月13日

●「統治権ハ国民ヨリ発ス」

昨夜は、旧三芳村の農村環境改善センターで、映画「日本の青空」の試写を見てきた。
GHQの憲法草案の下敷きになったといわれる「憲法草案要綱」を、憲法研究会の中心となってまとめた鈴木安蔵を描いた作品で、二時間という時間を感じさせない作品になっている。


「憲法9条」はまるで現代詩のように美しいし、その意義もよくわかる。

でも、今、日本は戦争をしていなくはない。(戦争をしている。)
決して「非暴力国家」ではない。(「国家」や「憲法」をボクは信じてはいない。)

この映画を見て思ったのは、この映画に足を運んだり、この映画を面白いと思う人は、見なくたって(すでに)わかっている人で、この映画にまったく興味がなく、絶対に足を運んだりしない人こそが、見るべき作品なのだろう、ということ。

戦争に反対する人、平和を愛する人、すべての人間は(動物も)平等だと信じる人、心ある人、都合のつく人、そして、北朝鮮のミサイル攻撃に備えて「日本」も軍事力を強化すべきだと思う人、多くの人にぜひ足を運んでもらいたい。


「日本の青空」上映会 12/8 14時〜(昼のみ保育室あり)・ 19時〜
 南房総市農村環境改善センター 前売り 大人1000円 小中高800円
 (前売り券はテトラスクロールでも取り扱い)
主催:「日本の青空」三芳上映実行委員会 (問い合わせ・八木0470-36-3059)


憲法草案要綱    憲法研究会案

高野岩三郎、馬場恒吾、杉森孝次郎、森戸辰男、岩渕辰雄、
室伏高信、鈴木安蔵

根本原則(統治権)
一、 日本国ノ統治権ハ日本国民ヨリ発ス
一、 皇ハ国政ヲ親ラセス国政ノ一切ノ最高責任者ハ内閣トス
一、 天皇ハ国民ノ委任ニヨリ専国家的儀礼ヲ司ル
一、 天皇ノ即位ハ議会ノ承認ヲ経ルモノトス
一、 摂政ヲ置クハ議会ノ議決ニヨル

国民権利義務
一、 国民ハ法律ノ前ニ平等ニシテ出生又ハ身分ニ基ク一切ノ差別ハ之ヲ廃止ス
一、 爵位勲章其ノ他ノ栄典ハ総テ廃止ス
一、 国民ノ言論学術芸術宗教ノ自由ヲ妨ケル如何ナル法令ヲモ発布スルヲ得ス
一、 国民ハ拷問ヲ加ヘラレルルコトナシ
一、 国民ハ国民請願国民発案及国民表決ノ権利ヲ有ス
一、 国民ハ労働ノ義務ヲ有ス
一、 国民ハ労働ニ従事シ其ノ労働ニ対シテ報酬ヲ受クルノ権利ヲ有ス
一、 国民ハ健康ニシテ文化的水準ノ生活ヲ営ム権利ヲ有ス
一、 国民ハ休息ノ権利ヲ有ス国家ハ最高八時間労働ノ実施勤労者ニ対スル有給休暇制療養所社交教養機関ノ完備ヲナスベシ
一、 国民ハ老年疾病其ノ他ノ事情ニヨリ労働不能ニ陥リタル場合生活ヲ保障サル権利ヲ有ス
一、 男女ハ公約並私的ニ完全ニ平等ノ権利ヲ享有ス
一、 民族人種ニヨル差別ヲ禁ス
一、 国民ハ民主主義並平和思想ニ基ク人格完成社会道徳確立諸民族トノ協同ニ努ムルノ義務ヲ有ス

議会
一、 議会ハ立法権ヲ掌握ス法律ヲ議決シ歳入及歳出予算ヲ承認シ行政ニ関スル順
   則ヲ定メ及其ノ承認ヲ得ルヲ要ス
一、 議会ハ二院ヨリ成ル
一、 第一院ハ全国一区ノ大選挙区制ニヨリ満二十歳以上ノ男女平等直接秘密選挙(比例代表ノ主義)ニヨリテ満二十歳以上ノ者ヨリ
   公選セラレタル議員ヲ以テ組織サレ其ノ権限ハ第二院ニ優先ス
一、 第二院ハ各種職業並其ノ中ノ階層ヨリ公選セラレタル満二十歳以上ノ議員ヲ以テ組織サル
一、 第一院ニ於テ二度可決サレタル一切ノ法律案ハ第二院ニ於テ否決スルヲ得ス
一、 議会ハ無休トス
   ソノ休会スル場合ハ常任委員会ソノ職責ヲ代行ス
一、 議会ノ会議ハ公開ス秘密会ヲ廃ス
一、 議会ハ議長並書記官長ヲ選出ス
一、 議会ハ憲法違反其ノ他重大ナル過失ノ廉ニヨリ大臣並官史ニ対スル公訴ヲ提起スルヲ得之カ審理ノ為ニ国事裁判所ヲ設ク
一、 議会ハ国民投票ニヨリテ解散ヲ可決サレタルトキハ直チニ解散スヘシ
一、 国民投票ニヨリ議会ノ決議ヲ無効ナラシムルニハ有権者ノ過半数カ投票ニ参加セル場合ナルヲ要ス

内閣
一、 総理大臣ハ両院議長ノ推薦ニヨリテ決ス
   各省大臣国務大臣ハ総理大臣任命ス
一、 内閣ハ外ニ対シ国ヲ代表ス
一、 内閣ハ議会ニ対シ連帯責任ヲ負フ其ノ職ニ在ルニハ議会ノ信任アルコトヲ要ス
一、 国民投票ニヨリテ不信任ヲ決議サレタルトキハ内閣ノ其ノ職ヲ去ルヘシ
一、 内閣ハ官史を任免ス
一、 内閣ハ国民ノ名ニ於テ恩赦権ヲ行フ
一、 内閣ハ法律ヲ執行スル為ニ命令ヲ発ス

司法
一、 司法権ハ国民ノ名ニヨリ裁判所構成法及陪審法ノ定ムル所ニヨリ裁判之ヲ行フ
一、 裁判官ハ独立ニシテ唯法律ニノミ服ス
一、 大審院ハ最高ノ司法機関ニシテ一切ノ下級司法機関ヲ監督ス
   大審院長ハ公選トス国事裁判所長ヲ兼ヌ
   大審院判事ハ第二院議長ノ推薦ニヨリ第二院ノ承認ヲ経テ就任ス
一、 行政裁判所長検事総長ハ公選トス
一、 検察官ハ行政機関ヨリ独立ス
一、 無罪ノ判決ヲ受ケタル者ニ対スル国家補償ハ遺憾ナキヲ期スヘシ

会計及財政
一、 国ノ歳出歳入ハ各会計年度毎ニ詳細明確ニ予算ニ規定シ会計年度ノ開始前ニ法律ヲ以テ之ヲ定ム
一、 事業会計ニ就テハ毎年事業計画書ヲ提出シ議会ノ承認ヲ経ヘシ
   特別会計ハ唯事業会計ニ就テノミ之ヲ設クルヲ得
一、 租税ヲ課シ税率ヲ変更スルハ一年毎ニ法律ヲ以テ之ヲ定ムヘシ
一、 国債其ノ他予算ニ定メタルモノヲ除ク外国庫ノ負担トナルヘキ契約ハ一年毎ニ議会ノ承認ヲ経ヘシ
一、 皇室費ハ一年毎ニ議会ノ承認ヲ経ヘシ
一、 予算ハ先ツ第一院ニ提出スヘシ其ノ承認ヲ経タル項目及金額ニ就テハ第二院之ヲ否決スルヲ得ス
一、 租税ノ賦課ハ公正ナルヘシ苟モ消費税ヲ偏重シテ国民ニ過重ノ負担ヲ負ハシムルヲ禁ス
一、 歳入歳出ノ決算ハ速ニ会計検査院ニ提出シ其ノ検査ヲ経タル後之ヲ次ノ会計年度ニ議会ニ提出シ政府ノ責任解除ヲ求ムヘシ
   会計検査院ノ組織及権限ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム
   会計検査院長ハ公選トス

経済
一、 経済生活ハ国民各自ヲシテ人間ニ値スヘキ健全ナル生活ヲ為サシムルヲ目的トシ正義進歩平等ノ原則ニ適合スルヲ要ス
   各人ノ私有並経済上ノ自由ハ此ノ限界内ニ於テ保障サル
   所有権ハ同時ニ公共ノ福利ニ役立ツヘキ義務ヲ要ス
一、 土地ノ分配及利用ハ総テノ国民ニ健康ナル生活ヲ保障シ得ル如ク為サルヘシ
   寄生的土地所有並封建的小作料ハ禁止ス
一、 精神的労作著作者発明家芸術家ノ権利ハ保護セラルヘシ
一、 労働者其ノ他一切ノ勤労者ノ労働条件改善ノ為ノ結社並運動ノ自由ハ保障セラルヘシ
   之を制限又ハ妨害スル法令契約及処置ハ総テ禁止ス

補則
一、 憲法ハ立法ニヨリ改正ス但シ議員ノ三分ノ二以上ノ出席及出席議員ノ半数以上
   ノ同意アルヲ要ス
   国民請願ニ基キ国民投票ヲ以テ憲法ノ改正ヲ決スル場合ニ於テハ有権者ノ過半数ノ同意アルコトヲ要ス
一、 此ノ憲法ノ規定並精神ニ反スル一切ノ法令及制度ハ直チニ廃止ス
一、 皇室典範ハ議会ノ議ヲ経テ定ムルヲ要ス
一、 此ノ憲法公布後遅クモ十年以内ニ国民投票ニヨル新憲法ノ制定ヲナスヘシ

2007年11月10日

●「神楽ビデオジョッキー」のお知らせ

テトラスクロールでは、一周年記念イベントとして三上敏視さんによる「神楽ビデオジョッキー」を開催いたします。

昨年12月23日の、北山耕平さんのトークライブ「ネイティブであるということ」。冬至の翌日という夏の始まりの日に、テトラスクロールの一年が始まりました。

あれからちょうど一年の冬至の日に、「神楽ビデオジョッキー」を開催できることとなりました。


kvj1.jpg kvj-b2.jpg


三上敏視「神楽ビデオジョッキー」
2007年12月22日 13時から ¥2000
テトラスクロール 千葉県南房総市和田町和田447 0470-47-5822

●氾濫するプラスチックの海の中に暮らしている

 先日、はじめてビーチクリーニングに参加させてもらった。目の前のビーチではなく、ひとつ南のサーフポイント前でのビーチクリーニング(和田町サーフィンクラブ)だったのだが、正直なところ、ビーチの実態を見て、驚いた。毎日見て、歩き、わかった気になっていたけれど、実際にはボクの目には何も見えていなかった。これはもう取り返しがつかないんじゃないか、そう思うほどに「プラスチック」がいたるところにある。そう、これがボクたちの文明の姿なんだ。安価な石油という幻想を盲目的に信じて、軽くて丈夫で加工が容易なプラスチックに傾倒していった結果が、このビーチなのだ。

SANY0155_400.jpg


六ヶ所村の再処理工場の本格稼働を許してはいけない。

そして、同じように、目の前に散乱する、無数のプラスチックも、どうにかしなくてはいけない。

来年から、となりのビーチではなく、テトラスクロール下の浜辺でのクリーニングを始めていきたいと思う。

 今日の私たちは、氾濫するプラスチックの海の中に暮らしているようなものだ。本当の海にも、プラスチックのゴミをはじめ目に見えないほどのプラスチック微粒子が浮かび始めている。
 海は広く大きく限りがないように見える。すべてを流し去り浄化してしまうようにも思える。しかし私たちがこのままプラスチックを大量に生産し続ければ、長い年月の後、どこの海でも水をすくっても小さなプラスチックの粒を見るようになるかもしれない。潮目に天の川のようなプラスチックの川が出来る時が来るかもしれない。潮目にはたくさんのプランクトン、魚などの海の生きものが集まるから彼らのお腹の中は、飲み込んだプラスチック粒で一杯になるだろう。
 こんなことは非現実的な想像であってほしい。しかし、こんな未来を想像してしまうほど、私たちは不注意にもプラスチックのような生態系の環境からはずれた人口化学物質を、大量に自然界に排出してしまったのである。これらの異質なものがやがて大きな塊となって私たちに押し寄せてくることがないと誰が言いきれるだろうか。

プラスチックの海―おびやかされる海の生きものたち
2007年11月09日

●11月24日は、Buy Nothing Day、何も買わない日。

今年もBuy Nothing Dayが、近づいてきた。

この日、テトラスクロールでは、何も売らない。
そのかわりに、準備中の畑で、「畑仕事とランチパーティ」をしようと思う。

bnd2007.jpg

この準備中の畑は、「農業は人類の原罪である」ことをふまえたうえで、今、ボクたちが地域で生きるということはどういうことなのかを追求する試みだ。安価な石油の上に築き上げたボクたちの文明が音を立てて崩れようとしている今、真剣にサバイバルを考えなくてはいけない。「買わない」から「買えない」に変わったのち、ボクたちは生きていくことができるのだろうか?。

2007年11月04日

●クリプトン雲が吹き戻されて地表面を徘徊

気味が悪いとはこういうことなのだろう。
「クリプトン雲が吹き戻されて地表面を徘徊」する様子(原燃が公開しているモニタの数値)を動画化したものを、「美浜の会」が作成し、ウェブ上で公開している。


六ヶ所の再処理工場は今はまだ本格稼働していない。
けれど、工場の中では着実にステップが進んでいる。

2007年11月01日

●医者が癌や重病の治療や手術を放り出して

 Cooper-Hewitt, National Design Museum(クーパーヒューイット国立デザイン博物館)で、9月23日まで開催されていた「Design for the Other 90%」のカタログがいい。


90_catalog.jpg


世界中のデザイナーの能力を、正しい方向に向ければ、この世界はもっともっと良くなる。


ヴィクター・パパネック「生きのびるためのデザイン」から。

「今の工業デザイナーはたった2〜3億人のユーザだけを対象に、陳腐化戦略やマーケティングに作られた幻のユーザニーズに踊らされて製品の外観だけのデザインをしている。それは医者が癌や重病の治療や手術を放り出して、美容整形の仕事をしているのと同じだ。今のデザイナーは美容整形しかしていない。」
「現状の工業デザイナーは先進国で何不自由なく暮らしている中産階級以上の人達だけに向けて必要以上の仕事をしてきた。これからはそれ以外の低開発国や低所得者層や病人、老人、身体障害者に向けたデザインをするべきだ。」
「デザイナーのアイデアと知恵を人類にとって意味のあるものにするためには、地球環境に配慮しながら、今まで忘れていた低開発国や身体障害者などのユーザに向けて、彼らが生きのびるために必要としているもののデザインをしなければならない。」


クーパーヒューイット国立デザイン博物館のサイトでは、オンライン版のDesign for the Other 90%が公開されている。

また、展覧会カタログはアマゾンで購入可能 (→→ Design for the Other 90%