« あわ・あわ・マーケットは順延です | メイン | 「安房トイカメラクラブ展」のお知らせ »

2007年10月27日

●「電気を止める子どもたち」ミーティングVol.1

 明日、テトラスクロールにて、「電気を止める子どもたち」ミーティングVol.1を行います。奮ってご参加下さい。

「電気を止める子どもたち」ミーティングVol.1

 アリゾナ 〜 六ヶ所 〜 ジャドゥゴダ 私たちはいったいどこへ行くのか?。
未来を探る学習会と「ブッダの嘆き」上映会

2007年10月28日(日)13時30分〜 TETRASCROLL(南房総市和田町和田447)
無料(ブッダの嘆き基金[ジャドゥゴダ核被害者を支援する会]への寄付をお願いいたします。)


「電気を止める子どもたち」プロジェクトでは、「ホピの予言」「六ヶ所村ラプソディー」と、私たちの社会を支えている核エネルギーについて考えてきました。「ホピの予言」では、インディアン・ホピ族の聖地でのウラン採掘を、「六ヶ所村ラプソディー」では、村内に117カ所もの縄文遺跡のある六ヶ所村での、核燃再処理工場を巡る事実を知ることができました。「核」の問題の背後には「差別」があることが見えてきました。「電気を止める子どもたち」ミーティングでは、この先私たちはどうしたら良いのか、どういう選択ができるのかを、気軽に語り合いながら探っていきたいと考えます。
 ブッダ生誕の地ともいわれるインド・ジャドゥゴダでのウラン採掘と核廃棄物投棄による核汚染が、先住民に与えている深刻な被害を追ったドキュメンタリー映画「ブッダの嘆き (Buddha Weeps in Jadugoda)」(1999年・インド・56分 監督・シュリプラカッシュ)の上映も併せて行います。奮ってご参加ください。


budha.jpg

pdfファイルをダウンロード

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/208

コメント

先日もありがとうございました。
素敵な勉強会が立ち上がり嬉しく想っています☆

私も加担しているんだなぁ と痛感しました
で、何をしよう。
真魚さんのように、多くの人々に知らせるということは本当に大切ですね
真魚さんの企画など、身近に活動している人のイベントを知らせるってことから始めようかな。

そして私なりのアクションを模索したいと思います。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)