« China Must Support People of Burma, Not the Military Regime | メイン | 「郵便局の金を全部、俺によこせ」 »

2007年09月30日

●歴史を曲げてはいけない

 沖縄でも、生き方の押しつけに抵抗する声があがった。11万人という数は、為政者にとっては脅威となるだろう。縄文時代が教科書から消されたように(最近になって、復活するよう答申が出されたが)、文部科学省(日本)は同じように、沖縄での集団自決に対する軍の関与を「日本軍による強制または命令は断定できない」として、教科書から消し去ろうとしている。

 そのことに対して、11万もの人が集まり、抗議の意思を表明したのだ。


仲里利信実行委員長に聞く 県民の思い突きつける(琉球新報)


 29日に宜野湾海浜公園で開かれる「教科書検定意見撤回を求める県民大会」を前に、仲里利信実行委員長(県議会議長)に大会の意義などを聞いた。


 —県民大会の意義は。

 「全市町村議会が検定撤回を求める意見書を可決した。県議会も同一議会で同一趣旨の意見書を二度可決する異例の対応を取った。県民の総意にもかかわらず文部科学省の態度は非常にかたくなで、この扱いに不満が高まっている。文科省の提案を(教科用図書検定調査)審議会が追認するだけの実態も分かってきた。歴史を曲げてはいけないという県民の思いを突きつける」

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/201

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)