« 「六ヶ所村ラプソディー」チケット取り扱い店舗追加のお知らせ | メイン | hirapress+ 写真展「六ヶ所村エナジー」のお知らせ »

2007年08月28日

●電話をひくのは五台までにとどめよう。

 先週末の「電気を止める子どもたちVol.1 [ホピの予言2004年版]上映会」も無事に終わり、写真展「六ヶ所村エナジー」、「六ヶ所村ラプソディー」上映会の準備が慌ただしい。普段の日常とは明らかに違う時間の中に、今、ボクはいる。

 「電気を止める子どもたち」とはどういうことなのか?、きっちりとした文章にまとめなくてはいけないが、気持ちばかりで筆がすすまない。何気なくひらいた一冊の本に、素敵な一節があった。

バリ島の京都にあたる古い町で、長老たちが集まって、電話なるものにどう対処すべきか会議をひらいたのだという。
  ー  たしかに電話は便利なものだ。だが、どうしても良いものであるとは思えない。
 それは共同体の深さ、世界の奥行を壊すものではないかというのが、長老たちの一致した考えであった。そして討議の結果、
  ー  電話をひくのは五台までにとどめよう。
 決してそれ以上は増やすまいと結論を下したのだという。それもまたひとつの見識である。
 バリ島の人びとは近代化からとり残されているのではなく、文化のウォーレス線の向こう岸に在りつづけようと決意しているのだ。村々をうるおす観光収入も、ほとんどすべてが、年に数万回の祭のために蕩尽されるという。
 そして神話につながる内界をあくまでも生きつづけて、ガムラン音楽や、歌舞、芸能など、文化そのものを比類なく洗練させていく方向性を、きわめて意識的に選び取っているのかもしれない。

宮内勝典「バリ島の日々

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/178

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)