« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月31日

●われらすべての田園とわれらのすべての生活を

 電気を止める子どもたち「六ヶ所村ラプソディー」上映会まで、あと三週間と少し。ひとりでも多くの人に、「メディアが伝えないことがある」ことを知ってほしいという思いで、チラシやポスターを配り歩いている。多くの人たちの好意的な反応に励まされるが、「微妙だねぇ」とか「わかるけどなぁ」という、独特の反応もまたある。その反応はいったいどこから来るのだろう?。


 ひとことでいってしまえば「無関心」ということなのだろう。だけど、その「無関心」が一番キケンなのだと、ボクは思う。誰かの言っている「美しい国」をつくるには、その「無関心」がかかせないはずだ。考えてみれば、すでに六ヶ所に核燃再処理工場が建っていることも、「無関心」が原因だろう。どっかの国の戦争、電気はあって当たり前、そうはいっても現実は・・・、そんなしたり顔の無関心が今の混乱を作ってきた。(もちろんボクだって加害者だ。)

 南房総に暮らす多くの人に呼びかけたい。ボクたちが暮らす房総半島の母なる自然に目を向けてほしい。足下の大地を、海を、川を、もう一度見つめてほしい。もう一度その、大地との、海との、川との、健全な関係を回復するために、ボクたちはどうしたらいいのか、考えてみてほしい。


wadaura1964.jpg
(c) CHIKA KOMIYA

 ここに一枚の写真がある。テトラスクロール前の岬から、現在の和田浦海水浴場、そして、和田浦のサーフポイントが写されている。撮られたのは1964年、ボクが生まれる前の年だ。

 この写真から40年あまり、今、ビーチは痩せてしまい、景色は一変している。

 けれど、まだ、この海で泳げるし、潜ることもできる。もちろんサーフィンだってできる。

 けれど、六ヶ所核燃再処理工場が稼働したら、来年は「放射能汚染・遊泳禁止」になるだろう。


・・・・おお朋だちよ いっしょに正しい力を併せ われらすべての田園とわれらのすべての生活を一つの巨きな四次元の芸術に創りあげようではないか・・・・

宮沢賢治「農民芸術概論」
2007年08月29日

●理性というより、太古からの本能なのである。

 昨日の皆既月食は、残念ながら稽古時間と重なってしまい、見ることができなかった。天気予報の悲観的な予想に反して、南房総の多くの場所で、皆既月食が見られたと、友人たちが教えてくれた。テトラスクロールの最初のプランに、満月の夜は遅くまで営業しようというのがあった。「六ヶ所村ラプソディー」上映会が終わったら、フルムーン営業を始めようかな。

五億年前、月は、生命をその最初の住処である海より呼び出し、まだ誰もいない陸地へと導いた。月は原始の地球で、荒涼たる大陸から大陸へと潮を移動させたため、浅みにあった生物は、周期的に太陽と大気にさらされることになった。ほとんどの生物は滅びたが、あるものはこの厳しい環境の新変化に適応した・・・月ロケット発射のドラマがわれわれの心をつかんで離さないのも無理はない。上昇するロケットに魅せられるのは、理性というより、太古からの本能なのである。

アーサー・C・クラーク
2007年08月28日

●hirapress+ 写真展「六ヶ所村エナジー」のお知らせ

6energy.jpg


hirapress+(ヒラプレスプラス)写真展「六ヶ所村エナジー」
2007.9.13(木)〜9.25(火)11-18時(水曜休)入場無料

テトラスクロール www.tetrascroll.info

●電話をひくのは五台までにとどめよう。

 先週末の「電気を止める子どもたちVol.1 [ホピの予言2004年版]上映会」も無事に終わり、写真展「六ヶ所村エナジー」、「六ヶ所村ラプソディー」上映会の準備が慌ただしい。普段の日常とは明らかに違う時間の中に、今、ボクはいる。

 「電気を止める子どもたち」とはどういうことなのか?、きっちりとした文章にまとめなくてはいけないが、気持ちばかりで筆がすすまない。何気なくひらいた一冊の本に、素敵な一節があった。

バリ島の京都にあたる古い町で、長老たちが集まって、電話なるものにどう対処すべきか会議をひらいたのだという。
  ー  たしかに電話は便利なものだ。だが、どうしても良いものであるとは思えない。
 それは共同体の深さ、世界の奥行を壊すものではないかというのが、長老たちの一致した考えであった。そして討議の結果、
  ー  電話をひくのは五台までにとどめよう。
 決してそれ以上は増やすまいと結論を下したのだという。それもまたひとつの見識である。
 バリ島の人びとは近代化からとり残されているのではなく、文化のウォーレス線の向こう岸に在りつづけようと決意しているのだ。村々をうるおす観光収入も、ほとんどすべてが、年に数万回の祭のために蕩尽されるという。
 そして神話につながる内界をあくまでも生きつづけて、ガムラン音楽や、歌舞、芸能など、文化そのものを比類なく洗練させていく方向性を、きわめて意識的に選び取っているのかもしれない。

宮内勝典「バリ島の日々
2007年08月27日

●「六ヶ所村ラプソディー」チケット取り扱い店舗追加のお知らせ

電気を止める子どもたちVol.2「六ヶ所村ラプソディー」前売チケット取り扱い店舗追加のお知らせ

[前売りチケット取り扱い店舗(8/27現在) 和田/ テトラスクロール(0470-47-5822) 館山/ 南総文化ホール(0470-22-1811)美容室SEED(0470-22-8732) 田中惣一商店(0470-22-2088) 千倉/ 海猫堂(0470-43-1039) 三芳/ DEW(0470-36-1400) 太海/ アルソアサロンねむの樹アミー(04-7093-0281) 鴨川/ 鴨川書店(04-7092-0061) カルトーラ(04-7092-2009) 富津/ 白い風(0439-65-1950) 上総湊/ シャムロックハウス(0439-67-3131) 東金/ ルバーブ(0475-53-2323) 横須賀/ さいせい工房うづ芽


電気を止める子どもたちVol.2「六ヶ所村ラプソディー」
2007年9月24日(祝)13時30分〜 千葉県南総文化ホール(小ホール)


TETRASCROLL (テトラスクロール)
南房総市和田町和田447 0470-47-5822  www.tetrascroll.info

cutoff2.jpg

●電気を止める子どもたちVol.1「ホピの予言2004」上映会第二日目

電気を止める子どもたちVol.1「ホピの予言2004」上映会第二日目も、盛況のうちに終えることができました。
暑い中、熱心にご覧いただき、ありがとうございました。また、遠くからご参加いただきありがとうございました。

DSC08205_400.jpg

cutoff2.jpg

2007年08月26日

●電気を止める子どもたちVol.1「ホピの予言2004」上映会第一日目

電気を止める子どもたちVol.1「ホピの予言2004」上映会第一日目、盛況のうちに終わりました。
暑い中、熱心にご覧いただきました。ありがとうございました。

DSC08198_400.jpg

cutoff2.jpg

2007年08月24日

●「六ヶ所村ラプソディー」チケット取り扱い店舗追加のお知らせ

電気を止める子どもたちVol.2「六ヶ所村ラプソディー」前売チケット取り扱い店舗追加のお知らせ

[前売りチケット取り扱い店舗(8/24現在) 和田/ テトラスクロール(0470-47-5822) 館山/ 南総文化ホール(0470-22-1811)美容室SEED(0470-22-8732) 田中惣一商店(0470-22-2088) 千倉/ 海猫堂(0470-43-1039) 三芳/ DEW(0470-36-1400) 太海/ アルソアサロンねむの樹アミー(04-7093-0281) 鴨川/ カルトーラ(04-7092-2009) 富津/ 白い風(0439-65-1950) 上総湊/ シャムロックハウス(0439-67-3131) 東金/ ルバーブ(0475-53-2323) 横須賀/ さいせい工房うづ芽


電気を止める子どもたちVol.2「六ヶ所村ラプソディー」
2007年9月24日(祝)13時30分〜 千葉県南総文化ホール(小ホール)


TETRASCROLL (テトラスクロール)
南房総市和田町和田447 0470-47-5822  www.tetrascroll.info

cutoff2.jpg

2007年08月23日

●そうならなくてはならない。

 【気流学舎 002】グローバリズム時代のデザイン講座 vol.1のインフォにあった、ヴィクター・パパネックの言葉。

デザインは若者がそれによって社会変革に参加できるようなものであるべきだし、そうならなくてはならない。
2007年08月21日

●自分たちのことだけを考えているということではないんです。

 テトラスクロール下の海水浴場も昨日で閉鎖、静かな海が戻ってくるかと思ったが、他のポイントがフラットなのだろうか、朝からたくさんのサーファーたちで賑やかだ。ノー・プルトニウムの海でサーフィンできるのも、この夏限りかもしれない。そのことを知っているサーファーが、この海にどれくらいいるのだろう。

 今なら間に合う。ストップ六ヶ所。


 世界はひとつの水が循環しているひとつの流域であるというのは、ローカルと、またユニバーサルの両方の意味を含んでいます。今まで我々はそのように考えることがありませんでしたが、これはとてもいい考え方ですね。ですから地元のローカルなレベルで水の問題に取り組むということは、同時に世界的なレベルで水の問題に取り組んでいるということにつながっているんです。なぜなら世界はひとつの流域で、そこではすべての水がつながっており、循環しているからです。地元でそのように水の問題に取り組むということは、別に狭い活動ではありませんし、自分たちのことだけを考えているということではないんです。

ゲーリー・スナイダー「聖なる地球のつどいかな

2007年08月20日

●「六ヶ所村ラプソディー」チケット発売の知らせ

roakkasyotc_400.jpg

電気を止める子どもたちVol.2「六ヶ所村ラプソディー」上映会の前売りチケットを販売開始しました。
[前売りチケット取り扱い店舗(8/20現在) 和田・テトラスクロール(0470-47-5822) 館山・南総文化ホール[近日より](0470-22-1811) 千倉・海猫堂(0470-43-1039) 三芳・DEW(0470-36-1400) 太海・アルソアサロンねむの樹アミー(04-7093-0281)]


電気を止める子どもたちVol.2「六ヶ所村ラプソディー」
2007年9月24日(祝)13時30分〜 千葉県南総文化ホール(小ホール)


TETRASCROLL (テトラスクロール)
南房総市和田町和田447 0470-47-5822  www.tetrascroll.info

cutoff2.jpg

2007年08月19日

●技術を持たない者は言葉を喋ることすらできない。

矢田部英正「美しい日本の身体 (ちくま新書)」から、振付家モーリス・ベジャールの言葉を。


 技術に頼る者は自分の言葉を語ることはできない。しかし、技術を持たない者は言葉を喋ることすらできない。

モーリス・ベジャール(インタビューより)

●「家紋のはなし」

 一昨日は、テトラスクロールにて、吉良康矢展「家紋トリップショー」の関連企画として、千鹿野茂先生の講演「家紋のはなし」があった。

 家紋研究の第一人者というと、形式張っていたり、保守的だったりしそうなものだが、千鹿野茂先生は実に自由でクリエイティブな方で、聞いているこちらの創作意欲が強烈に刺激される素敵な時間だった。

chicano.jpg

詳細はいずれなんらかの形で。

2007年08月15日

●写真展「六ヶ所村エナジー」のお知らせ

テトラスクロール9月の展示は、「電気を止める子どもたち」連動企画として、hirapress+ 写真展「六ヶ所村エナジー」を開催いたします。詳細は追って。

→ hirapress+


cutoff2.jpg

2007年08月14日

●炎暑が続き本当の秋が待ち遠しい毎日ですが、お元気でいらっしゃいますか。

denko2.jpg

海にいても暑い。

残暑見舞いを作成した。

「原発いらなくね」

2007年08月08日

●サーファーか、その子どもに出るのではないかと考えています。

 明け方、友人からの携帯メールで目を覚ました。田中優さんのメッセージを転送してくれたものだが(転載元不明・わかり次第記す)、わかってはいたことだけれど、はっきりと書かれるとやはりぞっとしてしまう。

 放射能が海流の流れのせいで、太平洋沿岸を房総半島の先までなめるように流れることに加えて、プルトニウムは水に溶けにくい物質だということもあります。
 すると気泡の中に集まりやすくなるので、サーファーが水から顔をあげて、ぷはっと息を吸い込むと入り込む可能性が高いです。
 しかもプルトニウムは、食べた場合よりはるかに吸い込んだときの方が危険になります。
 だからぼくは、最初の被害者になるのは、劣化ウラン弾の症状のようなものが、サーファーか、その子どもに出るのではないかと考えています。


 真夏のうねりのない静かな海も、今日はなんだかとても神聖に思えてくる。映画「六ヶ所村ラプソディー」の中で、「放射能がかかってない最後の野菜ですよ〜。」と言って野菜を売っていた生産者と、真夏の海にいる自分がダブって感じられる。

 この夏の海を、「プルトニウムに汚染されていない最後の夏の海」にしてはいけない。
 冗談じゃない。

2007年08月06日

●原子力発電は核爆弾をつくる工程の副次的な利用として始まった。

No-Nukes.jpg
 

 原子力発電は核爆弾をつくる工程の副次的な利用として始まった。その原料と技術は基本的に同じである。ところが日本では「核」という名称は軍事利用(たとえば核兵器とか核開発)で、「原子力」は平和利用(たとえば原子力発電とか原子力開発)、と使い分けられる習慣があり、二つは別物のような印象を受けやすい。こうした使い分けをしているのは、世界でも日本くらいのものだ。

鈴木真奈美「核大国化する日本 平和利用と核武装論


cutoff2.jpg

2007年08月02日

●核という技術は、重層的な差別のうえに成り立っている。

「電気を止める子どもたち」プロジェクトのために、ボクも再び「核」についての勉強をしている。日本が今どうなっているかを知るためにオススメの一冊「核大国化する日本 平和利用と核武装論 (平凡社新書)」から。

 たいていの大規模開発は差別のうえに進められるものだが、核開発はその典型だ。
 米国、英国、フランスが核実験を行ったのは先住民の土地や、太平洋の島々や、植民地支配していたアフリカの砂漠である。これは社会主義国家も同様で、ソ連や中国も国内の少数民族が暮らす土地で核実験を遂行した。
 核燃料サイクルの工程のうち、再処理と並んで被爆や環境汚染のリスクが高いのはウラン採鉱だが、その害を被っている大半は先住民だ。というのも、例えば北米やオーストラリアの場合、入植者たちは肥沃な土地を先住民から奪いとり、彼らを辺境の地に押し込めたが、後年、そこでウラン鉱床が発見されたからである。採鉱に従事してきたのも、多くは先住民だ。
 核を利用している国々は、どこも例外なく、放射性廃棄物の処分場、原子力発電所、再処理工場・・・といった核施設を、都市から遠く離れた場所に設置している。安全であれば、必ずしも遠隔地につくらなくともよいはずだ。
 このように核という技術は、重層的な差別のうえに成り立っている。この本では言及しないが、これこそが核問題の根底をなす点である。

鈴木真奈美「核大国化する日本 平和利用と核武装論


cutoff2.jpg