« 自らの欲望と現在のような楽なライフスタイルへの中毒 | メイン | 電気を止める子どもたちVol.2「六ヶ所村ラプソディー」上映会のお知らせ »

2007年07月30日

●すべての海岸で、過去と未来がくり返されている。

 今朝もうねりはなく、真夏の海はサーファーには嬉しくはない。こんなときは、ないものを欲しがるより(台風5号[USAGI]のうねりが届くまで)、気分を変えてシュノーケリングを楽しもう。マスク、シュノーケル、フィン。たった三つの道具が、今まで知らなかった豊穣な生命の世界を教えてくれる。

 すべての海岸で、過去と未来がくり返されている。時の流れの中で、あるものは消え失せ、過ぎ去ったものが姿を変えて現れてくる。海の永遠のリズム ーそれは潮の干満であり、打ち寄せる波であり、潮の流れである。ー の中で、生命は形づくられ、変えられ、支配されつつ、過去から未来へと無情に流れていく。なぜならば、時の流れの中で、海辺の形が変わると、それにつれて生命の様相も変化するからである。それは決して静的なものではなく、年ごとに変わっていく。海が新しい岸辺をつくりだすたびに、生物が波のように押し寄せ、足がかりを探し、ついにかれらの社会をつくりあげる。そして、私たちは生物が海にあるすべての有形な存在として、一つの確実な力であると感じとるのだ。その力は、満ちてくる潮によって、決して押し潰されたり、迂回させられたりすることがないほど強靱で、しかも目的をもっているのである。

レイチェル・カーソン「海辺―生命のふるさと

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/158

コメント

いい文章ですね。

沈黙の春しか読んでいませんが

この掲載の本も
読んでみたくなりました。

合掌

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)