« 電気を止める子どもたちVol.1「ホピの予言2004」上映会のお知らせ | メイン | 自らの欲望と現在のような楽なライフスタイルへの中毒 »

2007年07月28日

●ほかの世界も自分の一部なのだと考えなければならないのです

ダライ・ラマ法王猊下のオーストラリアでの企業家向け講演のレポート「21世紀は一人では行けない」から。


"我々と彼ら"という考えはもう通用しません。

ほかの世界も自分の一部なのだと考えなければならないのです。
わたしたちの認識と新しい現実との間にギャップがあるのは、わたしたちが未だに前世紀の考えを元に生きようとしているからであり、そして間違った認識は間違った方法を生みだしてしまいます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/155

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)