« 原因も解決も一人ひとりの内にある。 | メイン | 大きな不安の声が挙がるだろう »

2007年07月23日

●白熱電球をやめよう

レスたー・ブラウン氏のEarth Policy Instituteリリースより。

BAN THE BULB:
Worldwide Shift from Incandescents to Compact Fluorescents
Could Close 270 Coal-Fired Power Plants


On February 20, 2007, Australia announced it would phase out the sale of inefficient incandescent light bulbs by 2010, replacing them with highly efficient compact fluorescent bulbs that use one fourth as much electricity. If the rest of the world joins Australia in this simple step to sharply cut carbon emissions, the worldwide drop in electricity use would permit the closing of more than 270 coal-fired (500 megawatt) power plants. For the United States, this bulb switch would facilitate shutting down 80 coal-fired plants.


オーストラリアは2010年までに白熱電球の販売をやめることを発表した。他の国々もこの方法をとれば、世界の電力使用量が減り、270カ所以上の石炭火力発電所を止めることができる。


cutoff2.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/149

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)