« 「アナザー・グリーン・ワールド」(再掲) | メイン | 原子力について忘れてはいけない呪文 »

2007年07月20日

●現在全ての発電所が安全に停止しています。

7月16日10時13分頃の発生した地震により、現在全ての発電所が安全に停止しています。

柏崎羽刈原子力発電所ホームページ

「安全に停止しています。」って、何だよ。


ボクたちは原子力産業についての情報がコントロールされた世界に生きている。先日の中越沖地震でも、本当は何が起きているのか、そもそもなぜそこに原発があるのか、安全っていったい何なのか、まるで知らされることがなかった。情報化社会なんていったって、その実態は情報統制社会にほかならないのだ。

もう、このままではいけない。ボクも緊急のアクションをはじめようと思う。

テトラスクロールで、「電気を止める子どもたち」の活動をはじめる。
まずは8月、映画の上映からスタートしたい。詳細が決まり次第、ここでお知らせする。

cutoff2.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/143

コメント

わたしも、今に、笑顔の泉という名だけは
決まっているのですが、
自然と仲良くあかちゃんからお年寄りまで
笑顔で共に生きること
をめざし、何か活動をと、夢を膨らませています。
「電気を止めるこどもたち」の活動
応援したいです。
映画の上映、お友達さそって
行けたらと思います。
お知らせ楽しみにしています。

小さい頃母の郷里(伊豆大島)に行くとばあちゃんの家は電気といえばいくつかの裸電球とご不浄(トイレ)の豆球くらいだった。風呂はまきで焚くし、夏でも窓を開けていれば抱えられないほどの木々の間を抜けてくる風は涼しく、昼寝に最高でした。そんな生活だったら原発なんかいらないのでしょう。セメント屋をはじめいろんな利権がああいうのを増殖させたんですよね。ユダヤにのる人たちは何を考えているんでしょうか。

ぴのさん、COBINさん、コメントありがとうございます。

「電気を止める子どもたち」第一弾として、8月に「ホピの予言」の上映会を複数回、テトラスクロールで行います。現在、スケジュールなど調整中です。詳細は決まり次第お知らせいたします。このムーブメントは一人でも多くの方の同意が必要です。いろんなところでいろんな人たちが「電気を止める子どもたち」のための活動をしていく必要があります。そうすればきっと、本当に「電気を止める子どもたち」が現れるんだと信じています。ご協力よろしくお願します。

いつもこっそり拝見してます。
おかげ様で図書館利用が増えております。
今回、地震大国日本、天災が人災になった瞬間を見た気がしました。(柏崎羽刈原子力発電所に限らずですが)
「漏れ」ってギリギリアウトかと思うんですが。
自分の分かる範囲で原子力発電関係施設の地図を作ってみました。
「漏れ」の円を描いていくと、日本が見えなくなりました。
唖然愕然、
これが既存かと。
これが日本かと。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)