« アメリカ全土に背を向けることにもなる | メイン | 「アナザー・グリーン・ワールド」(再掲) »

2007年07月15日

●I wanna live, I wanna give,I've been a miner for a heart of gold

昨夜は、吉祥寺へ。

NYHOG.jpg

ニール・ヤング ハート・オブ・ゴールド ~孤独の旅路~ 」DVDリリース記念の一夜限りのレイトショー、ニール・ヤング、ほんとにカッコイイ。ああ、生きてて良かった。ジョナサン・デミの映像も最高。まるでスポーツ新聞みたいな書き方だけれど、これはもう仕方がないので、あきらめてほしい。

吉祥寺のバウスシアターへ最後に行ったのは、きっと15年以上前、もしかしたら20年近く前だろうか。たしか「ニューヨーク・アート・ムービー・オールナイト」みたいな企画で、ローリー・アンダーソンの作品を見に行ったのが最後だろう。オールナイトで映画を見たのも、あれが最後だったのかもしれない。

そう、あのとき一緒に上映された「ストップ・メイキング・センス」もジョナサン・デミが監督した作品だった。デビッド・バーンとニール・ヤングが、長い長い時間を経て、同じ監督の手によって、ボクの目の前の・・・ひとつのスクリーンに映し出される。偶然というにはあまりにも象徴的、年を重ねるってこういう感じを味わうことなのかなぁ。


I wanna live, I wanna give

I've been a miner for a heart of gold

It's these expressions I never give

That keep me searching for a heart of gold

And I'm getting old

【Niel Young "Heart of gold"】

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/140

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)