« ついに、日本民藝館に。 | メイン | 本人のからだと同じように弱い »

2007年06月18日

●「巡礼」アーティスト 須田郡司についての覚え書き

 テトラスクロールで開催中の須田郡司写真展「日本石巡礼」に寄せて、「 『巡礼』アーティスト 須田郡司についての覚え書き 」」という一文を書いた。(「石の写真家」や「イワクラ・カメラマン」というように、写真家として捉えられている彼を、移動 ー 記録 ー 発表 という三つのプロセスをセットで行う現代美術作家として再認識するために、一枚のリーフレットにしてみた。)

suda1.jpg

pdfファイルをダウンロード

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/117

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)