« なぜ風をひらくのか? | メイン | 畑を耕し、収穫し、穫れたものを料理し、食卓に並べ、共に味わう。 »

2007年06月09日

●石の声を聴く旅に終わりはない・・・

DSC08635_400.jpg

世界の聖地遍歴から気付いた,足下である日本の石たち。
"石の上にも三年"、私は、三年間の日本石巡礼の旅を満願した。
しかし、石の声を聴く旅に終わりはない・・・。

須田 郡司


DSC08636_400.jpg

テトラスクロール初のギャラリー企画(というかギャラリー・テトラスクロールの初企画)、「日本石巡礼」が昨日から始まった。テトラスクロールをどうしらいいのか?、半年あまり繰り返してきたトライ&エラーの結果が、すっきりとした形になったようだ。

DSC08639_400.jpg


 須田郡司写真展「日本石巡礼」
  
2007年6月8日(金)から 6月21日(木)水曜休
10時 - 17時30分(金土日 18時30分まで)

カフェ・テトラスクロール
千葉県南房総市和田町和田447
電話 0470-47-5822 www.tetrascroll.info

料金   無料(1ドリンク・オーダー)

須田郡司・石の語り部〜日本石巡礼 (スライド・トークライブ)
2007年6月16日(土) 17時開場 17時30分開演

料金   1500円(お茶付)
当日は、お昼より玄米と野菜のお弁当(600円)を販売します(要予約)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/113

コメント

岡田茂吉(世界救世観音教)が啓示を得た鋸山や、岩の洞窟がご神体になっている館山市内の鉈切洞窟、野島埼の磯の岩に立つ祠など、房州は石のくにといえそうですね。
安房神社、小松寺、真野大黒、みんな岩山に囲まれてます。須田さんが房州でも石との出会いに恵まれますよう。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)