« 波に自分を明け渡し、波そのものになること | メイン | ワークショップ「風をひらく」のお知らせ »

2007年06月01日

●須田郡司写真展「日本石巡礼」のお知らせ

 テトラスクロール・ギャラリー企画第一段、須田郡司写真展「日本石巡礼」がいよいよ一週間後に迫ってきました。

須田郡司写真展「日本石巡礼」
  
2007年6月8日(金)から 6月21日(木)水曜休
10時 - 17時30分(金土日 18時30分まで)

カフェ・テトラスクロール
千葉県南房総市和田町和田447
電話 0470-47-5822 www.tetrascroll.info

料金   無料(1ドリンク・オーダー)

 山岳霊地、神社仏閣、あるいは自然そのものである木や森、石や岩、遺跡・・・・。 そのような聖なる場所のなかでも特に信仰の原初的な形態であるアニミズム的世界に 惹かれてきました。神聖な場所に佇むと、自然に沸き上がる”畏れ”や”祈り”に手を合わさずに いられません。聖地とはある意味で自然(宇宙)と人間の関係をトランスパーソナル (超古的)なつながりへと気づかせてくれる場所なのかもしれません。聖なる場所には、 必ずといっていいほど、人間によって崇められ、信仰されてきた石や岩が数多く残っていま す。もしかしたら石は、”この世とあの世”、つまり人と霊(スピリット)をつなぐ”回路”の ような存在なのかもしれない・・・。 そんな少し現実離れした気分になることもしばしばあります。 (須田郡司「VOICE OF STONE」)


須田郡司・石の語り部〜日本石巡礼 (スライド・トークライブ)
2007年6月16日(土) 17時開場 17時30分開演

料金   1500円(お茶付)
当日は、お昼より玄米と野菜のお弁当(600円)を販売します(要予約)。

■「石の語り部」のご案内■

「石の語り部」とは、私が撮影した石の写真スライドを見ていただきながら、石にまつわる

様々なお話をするものです。古代より信仰されている磐座(イワクラ)、伝承・伝説のある

石などを旅のエピソードを交えながら、私がそこで感じたことをお話ししています。

ここ十数間、私は聖なる場所と石をテーマに撮影をしています。そこで撮り貯めた世界と

日本の石の比較や同名の石、形の相似性、動物に似ている石などを映像民俗学的な視点で

伝えています。これまで、幅広い年齢層の方々の前で、石の語り部をしてまいりました。

その反応は、石の形をみて色々な想像力を膨らませるお子様や、地元の知られざる石を教え

てくれる方など、石を通して多くの人々と触れ合う事ができました。古来より大切に守ら

れてきた石が、ゴミに埋もれていたり、忘れされつつあるものもあります。その事を知ると

心が痛むと同時に、その石の存在を伝えて行かなくては、との思いに駆られます。

私は、石の語り部の活動を通して、自分達の身近にある石の存在を気付いて欲しい、

そして、日本や世界の石の持っている共通する基層文化を知って頂きたいと願っています。

須田郡司拝


VOS1%3A175.jpg

VOS2%3A35.jpg


VOSA5-1%3A35.jpg

VOSA5-2%3A35.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/108

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)