« エゴのない状態で波と一緒になる | メイン | 須田郡司写真展「日本石巡礼」のお知らせ »

2007年05月29日

●波に自分を明け渡し、波そのものになること

今朝はたっぷりと、サーフィン。コンディションも良く、気分は爽快。波に捕まろうが、つぶされようが、心地よさに変わりはない。

 さあ、仕事は後まわしにして、海へ行こうよ。


 すでにお気づきのように、サーフィンの第一歩はまず波に自分自身を明け渡し、波になることである。このプロセスを経て波そのものにならない限り、波を隅々まで探求して、自由自在に操ることなどできはしない。これはサーフィンばかりか、さまざまなタイプの変性意識状態の体験にもそのままいえることである。

波に自分を明け渡し、波そのものになること 吉福伸逸「処女航海―変性意識の海原を行く

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/104

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)