« 事実をありのままに受け入れること | メイン | エネルギーが動いているんです。 »

2007年03月12日

●「名足に生きて」

富士ゼロックスの企業広報誌「グラフィケーション」の最新号にあった写真家・養豚家、杉田徹さんの写真「名足に生きて」がとてもいい。(特集「ケアリング社会に向けて」もなかなかいい。)

なかでも最終ページにあった、岬で海へ手を合わせる女性を移した一枚が特に素敵だ。

natari.jpg


この惑星上のいたるところで営まれてきた暮らしや祈りは、この先どうなってしまうのだろう?、そんな事を思わずにはいられない。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/66

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)