« エネルギーが動いているんです。 | メイン | この惑星にあまねくある普遍的な存在だと知ること »

2007年03月20日

●あの朝から12年

地下鉄サリン事件から12年、あの朝ボクは、東京へ向かうため首都高速を走っていた。
南房総へ移住してすでに1年半が過ぎていたが、今とは違って否応なく頻繁にある「打ち合わせ」のために100㎞以上離れた東京へ出て行くこともそう珍しいことではなかった。

あの朝も、やはりそうだった。隅田川を越え、都心へと入るあたりで車はまったく進まなくなり、頭上には無数のヘリコプターがぐるぐると飛び続けていた。何かあったのかな?と思い、ラジオをつけ、何か地下鉄で爆発があった模様だというニュースを聞いた。やがて、事件は少しずつ明らかになっていった。いわゆる地下鉄サリン事件だ。

移住前、ボクは東京の都心部に暮らしていた。もし、移住せずにいて、その朝の打ち合わせに向かうとしたら、ボクは小伝馬町駅から日比谷線に乗っていたはずだ。事件を刻々と告げるラジオを聴きながら、身震いをしたのを今も鮮明に覚えている。

事件との接点はそれだけではない。当時ボクを含めた多くの人が、オウム真理教に対して「肯定的」なイメージもっていたことは否定できない。少なくとも、徐々に見え始めた奇妙さに気づくまでは。

ボクたちはこの12年間、何をしてきたのだろう。

昨年末、北山さんに指摘されてそのことに初めて気がついた。
事件以降に物心ついた若者たちがいるのだという事実。

そのことを意識するようになって、気がついたことがある。
大まかにネイティブやオーガニック、身体や精神などに興味を持っているのに、その方向に何が広がっているのかという地図をまるで持ち合わせていない若者がたくさんいるということ。
ボクたちの世代には、宝島や遊など、世界を俯瞰して自分が行く方向を確認させてくれるメディアや大人たちの存在があった。自分さえ望めば、なんだって知ることができた。

しかし、事件は、「そういう世界はありません」と、オルタナティブな思想や哲学をすっぽりと覆い隠してしまったのだ。その隠されてしまった世界を、若い世代に再び地図として示すのはボクたちの役割なんじゃないだろうか。12年間、ボクやボクの周りの人々は暮らしの足元を固めるという「理由」に隠れて、その責任を怠ってきたように思う。ボクにしたってひとりサーフィンに明け暮れて、発する言葉はまるで独り言のようだった。

12年前の朝を思い出しながら、ボクはボクの見てきたことや聞いてきたことを、体験として伝えることの大切さを痛感している。

そう、フラーやリリィはけっして伝説なんかじゃないんだよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/68

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)