« しかし人間は変わることができる | メイン | 眠りにつきながらふと考えた »

2007年02月14日

●『ハート・オブ・ゴールド』

テトラスクロールのフライヤー・コーナーで人気のフライヤーに「ニール・ヤング『ハート・オブ・ゴールド』日本公開をを願う!」がある。完全にボクの趣味なのだが(公開祈願Tシャツも愛用している。)、今日、このフライヤーの新バージョンが届いた。


フライヤーから一部を。

このままでいても、何年も後、忘れた頃にポツリと短期間単館上映ーーということはあるかもしれません。 しかし、ニール・ヤング本人は今現在も相変わらず前えと進んでいます。『プレーリー・ウィンド』から僅か8ヵ月後には反ブッシュ政権・反イラク戦争を剥き出しにした新作『リビング・ウィズ・ウォー』を発表、インターネットやDVD、そしてCSNYでのツアーと、全身全霊をかたむけてそのメッセージを発信し続けました。 きっと今年も、新しいアルバムやツアーで私たちを刺激し続けてくれるに違いありません。

そんなニール・ヤングだからこそ、彼の「過去と未来」を繋ぐこの映画が彼の現在とあまり離れてしまわないうちに観ておきたいのです。
それが、彼の音楽と共に歩み、年を重ねてきた私たちの次の一歩の糧となるーーそう確信しているからです。

まったくもって同感。
詳しくは →→ ニール・ヤングの映画「ハート・オブ・ゴールド」公開祈願!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/46

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)