« そ、そりゃないぜ・・・。 | メイン | 真冬だというのに »

2007年01月28日

●PROTECT ME FROM WHAT I WANT

限られたスペースと増え続けるモノの関係。このところ毎日その事に頭を悩ませている。5年前のウェブ・ダイアリーに、ボクはこんなことを書いていた。

 サーファーでもあるアーチスト(現在はバリに在住)、Ashley Bickerton(アシュリー・ビカートン)は80年代後半、サーフボード、車、タバコや新聞といった自らの愛用品から、(そのブランドのロゴステッカーを並べたることで)「苦悩する自画像」と題したシリーズの作品を発表していた。それを真似て、ボクも「ブランドロゴで描いた自画像2002」を制作してみた。

self.jpg
ブランドロゴで描いた自画像2002  (C) 2002 MAO Nagaaki
                             
 ヒトが道具を使うことで繁栄を続けてきた歴史の流れは、今も脈々と続いている。そのことは間違いない。ボクたちの周りを見回してみると、モノが溢れかえっている。欲望がさらなる欲望をドライブさせ、狂っているとしかいいようがない状況がここにある。ボクたちの築いてきたライフスタイルは、ともすると100円ショップに飲み込まれかねない。Jenny Holzer(ジェニー・ホルツァー)が1985年、ニューヨークのタイムズ・スクエアの電光掲示板を使って発表したメッセ−ジ、「PROTECT ME FROM WHAT I WANT」の意味は今でもまだまだ色褪せない。PROTECT ME FROM WHAT I WANT....。

なんだ、全然進歩していないじゃないか・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/34

コメント

消費するだけの人生は空しいですね。。。
創造・生産するのがいいですね、
物も時間も愛も。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)