« 宇宙そのものである私 | メイン | 我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか »

2007年01月14日

●ゾウ 自己認識力など確認…

ゾウ 自己認識力など確認…」というニュースから。

 巨体ゆえに、ほとんど知能実験がなされていなかったゾウについて、東大大学院人文社会系研究科の入江尚子さん(24)が、独自の研究を進めている。大型類人猿などにしかない自己認識力があることも、世界に先駆けて確認するなど注目される。  入江さんは一昨年夏、100頭以上のアジアゾウが放し飼いになっているタイ東北部・スリン県に2カ月近く滞在し、自己認識力を試す実験をした。2歳のオスにあらかじめ、触れると「ピンポーン」と鳴るおもちゃを見せ、鼻でタッチすればバナナを与え、おもちゃを見ると鼻でタッチするよう訓練した。  次に畳1枚ほどの大きさの鏡を見せた。最初は自分の姿を他のゾウだと思い後ずさりしたが、すぐに鏡の後ろに鼻を回して何もないことを確認した。そこで、ゾウからは見えない頭の上におもちゃを掲げ、鏡越しで見せたところ、鼻を鏡に向けることなく、一発で頭の上に伸ばしておもちゃにタッチした。  鏡に映る姿を自分と認識できる動物は、チンパンジー、ゴリラ、オランウータンなど大型類人猿とイルカだけで、人間の赤ちゃんでも2歳半以上でないと分からないとされている。

あら、そんなことも知らなかったんだ・・・、まったく人間という生きものは・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)