« 時空のサーファー | メイン | するんじゃない、なるんだ。 »

2007年01月10日

●「所有」しようとすることが多すぎ

バックミンスター・フラーの言葉から。

世界中のベッドと寝室は、一日の3分の2は空いている。 自動車も一日の6分の5は誰も乗っていないし、動いてもいない。 この無駄にはふたつの大きな理由がある。 ひとつは、われわれは何をやるにしても、最大の負荷を想定するからである。 ふたつめは、「所有すること」が正当であることを示すためだけに 使う物を「所有」しようとすることが多すぎ、またそのための物が溢れているからである。
 

◎ → The Buckminster Fuller Institute

(元エントリー 「だってみんなひとりだろ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.animismonline.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/15

コメント

「所有」から「共有」「共用」へのシフトには、
「共有」「共用」する相手との信頼関係が
必要ですよね。
私は誰と何を分かち合っているのか?
私が「所有」してるものは、ほんとに
「所有」してなくちゃいけないものなのか?

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)